タイブログを運営する上で個人情報漏洩対策は考えてますか?

Pocket

さて、本日は一風変わったお題というか、タイブログを運営する上で自分の個人情報が漏れないよう対策を考えていますか?というところに焦点をおいて書いてみたいと思います。

 

私の場合は実際の所本名や住所といった事がバレても、気にはなりません。

 

インターネットの世界に身を置いて早15年の月日の中、ネット上で攻撃される事といえば、せいぜい匿名掲示板に吊るし上げられるくらいであり、それで自身に何かしら不都合が生じるなんて事は稀なのかなと思います。

 

実際問題として、リアルに実害を被る状況になる事であれば、それは犯罪の領域に踏み込んだという事でしかるべき所に相談を持ちかければ良いだけの話。

 

そんな中、昨今では顔出し、さらには実名を出す事によって自身をアピールし、YOUTUBEやブログ等で収益を得ている方々が多く存在する新時代というのは否定できない事であり、新しい世代のビジネスモデルなのかなと感じる事もあります。

 

しかし、顔出しはよくよく考えなければWEBの世界では危険を伴う事であり(自身の写真を勝手にネタにされたりとか)、超えては行けないラインの情報の開示は最低限自分の中ではラインを設け気をつけねばならない事かもしれませんね。

 

というわけで本日はそんないつものバンコク飯ブログから離れて、タイでブログを運営している方に向けて、個人情報は漏らしたくないという方にこれだけは絶対にやっておいたほうが良いと思われる対策があるので書いてみたいと思います。

 

携帯やカメラ等で撮影される際にEXIFデータというものが付随するのをご存知ですか?


exif_data

 

情報も紙媒体からデジタル化の波へと切り替わってきた昨今、デジタルカメラ、もしくは携帯のカメラを片手に街の至る所で気軽に写真が撮れる世の中になってきました。

 

フィルムカメラの時代、フィルムは有限であり、ここぞという場面に置いての撮影だったのが、どうでも良いような日常の一コマでもいつでも記録として収められる大変便利な時代になってきました。

 

しかし、その便利さの反面こういったデジタルデータの扱いというのは、知らなければ情報がダダ漏れになっているという事を常に念頭に置いて考えたほうが、自身の身の安全を守る為にも重要な事なのかなと思います。

 

さて、そんな中近年のデジタルカメラや携帯電話で撮影されたものに関してはEXIFデータという物が付随され、表面上の写真データとは別に下記のようなデータが撮影された写真に付随してくる事があります。

 

デジタルカメラで撮影した場合付随してくるExif情報


27270505036_d7deca6a9d_k

 

・カメラの製造元
・カメラのモデル
・絞り値
・露出時間
・ISO速度
・焦点距離
・最大絞り
・観測モード
・対象の距離
・フラッシュモード
・撮影日時

 

デジタルカメラで撮影した場合それほど重大な個人情報漏洩には繋がらないでしょうが、カメラ製造元やカメラのモデル、そして撮影した日時等のデータが存在しているだけでも色々と推測が可能となる要素の一つではないかなと思います。

 

スマートフォンのカメラで撮影した際に付随してくるEXIF情報


8292958010_063f162b61_k

基本的にスマートフォンにおいても付随してくるEXIFデータは、上記のデジタルカメラで撮影した場合と同程度の情報が付随されるわけですが、特にスマートフォンで撮影を行う場合は最新の注意を払わなければ自分の住んで居る場所ですら特定される恐れがあり、もっとも気をつけなければ端末であると思ったほうが良いでしょう。

 

顔出し名前だしを行なっていないのに、一枚の写真で自分の居場所がバレてしまうその理由とはデジタルカメラとは違いスマートフォンはインターネットに接続出来る端末であり、恐ろしい事に設定をオフにしておかなければ撮影した所在地ののGPSの情報が緯度経度で写真に格納されているという事があるので十分に気をつけなければいけません。

 

gps

 

こういったスマートフォンでのGPSデータを解除するには設定でオフにする事が出来ますので位置情報を写真に付随させたくない場合は必ずOFFにしておきましょう。

 

img_3007img_3008

 

位置情報サービスをそもそもオフにしておくか、カメラ自体の位置情報サービスを許可しない等の設定にする事をお勧めいたします。

 

ブログやSNSに写真をアップロードする際に気をつけたい事


現在運用されているブログサービスやSNSであれば大抵はアップロードした際にEXIFデータは削除されるサービスが多いのですが、中にはこういった情報を消さないで反映されるサービスもある事から写真をアップする際には何にせよ注意した方が良いと言えます。

 

もし、こういったデータをPC上で削除したいならば、専用のアプリケーション等があるのでそういったアプリを使って削除してみてください。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-05-16-59-35

 

アプリで削除後アップロードしたデータに個人情報が格納されているデータがあるかどうかをブラウザ上で確認をしたい場合は、インターネットブラウザの拡張機能(例:Chorme等)、EXIF Viewerといった拡張プラグインを使って確認すると良いでしょう。

 

 

自分のドメインで運用しているブログ、Wordpress上に写真をアップロードする際の注意


 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-05-17-05-47

 

基本的にWordpressのデフォルト機能では標準でExif情報を削除する機能は備わっていません。

 

その為wordpressで運用されているブログの場合は自身でExif情報を削除するわけですが、アップロードする段階で綺麗にそういった個人情報を抹消してくれるプラグインEXIF-Remove-ImageMagickといったもの等を使って自動で削除してくれる対策を行うと良いと思います。

 

楽しいブログライフを!


というわけで、今回は個人情報(主に位置情報)漏洩対策について書きましたが、ネットの世界では様々な人が誰でもすべからくインターネットに接続していれば情報にアクセス出来るので、こういった自身の情報を他に漏らしたくない場合はきちんと対策を行う事が非常に大切だと思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA