2019年4月放送のボンビーガールの『タイ・バンコク移住して就職』を見て思ったこと

Pocket

日本のメディアはタイ移住系の番組放映するのを好きですよね。

 

少しタニヤとかの絵も出ておりましたので、もしかしてスタッフとかにタイの女性に嵌っている人とかいるのでしょうかね(笑

 

冗談はさておきまして、2019年4月9日に放映されたボンビーガールスペシャルにてタイ移住して就職!した話が取り上げられておりましたが、相も変わらず今回も様々な反響を呼んでいるみたいですね。

 

あくまで、私個人的な感想になりますが、2016年に放送された内容に比べたらまぁマシの部類だったのではないかな?と私は思ってます。

 

昼食の屋台料理を紹介した際に1品だけでなくて複数注文したりしておりましたし、タイ料理でもそこそこのお値段のするお店も出していたので、そういう所を見て意外とするんだぁと思ってもらえるならば良いのかなと感じました。

 

 

それなりにするディナーのお店で一品毎の値段を表示しないで一人当たり3000円と表記してあったのがなかなかのみその部分ではありますが、ああいったお店では一品あたりに200バーツ (約692円)~400バーツ (約1,383円)とかするのははっきり言ってそれなりのレストランであれば珍しくありませんし、そういったお店は数多くタイには存在しています。

 

3人で割って3000円ってことは大体食事に1回1万円くらいなわけでして、3,000バーツ (約10,374円)くらいかな?

 

タイ現地のタイ料理でも普通にそのくらいの値段がするものがあるよと提示しているのは良いかなと思いますし、あのレベルの食事は割とタイの中流層くらいの家庭であれば普通なレベルの話かなとも思います。

 

安さに対する警笛はもうさんざん以前の記事で上げてますので詳しくはそちらの記事を参照してください。

 

海外タイ・バンコクで『月5万円で生活』出来るって話はそんなに魅力的な事ですか?
もうこの手の話題とかには触れるのはやめようと思ってはいましたけど、なんか現実感がなさすぎる話かなと思うし、確かに出来る人は出来るかもしれないけど、わざわざ海外の地で、学校を卒業した社会人がさ、貧困生活

 

 

タイ・バンコクで5万円代での高層高級コンドミニアムに住居について


 

 

この辺の話に関しては妥当かなと思います。

 

実際あれくらいの金額であのくらいの住居には住めると思います。

 

おそらく金額で言うと15,000バーツ (約51,871円)くらいかなと、ただ、そこから電気代・水道代・インターネット代は別途かかるのでプラス2,000バーツ (約6,916円)は見といた方が良いかなと思います。

 

ただ、このくらいのコンドミニアム住むのであれば、給料の手取りが60,000バーツ (約207,485円)くらいないと結構大変かなぁとは思いました。

 

家賃とか電気代とか差し引いて手元に残る金額が43,000バーツ (約148,698円)くらいでしょうか?

 

そういえば30,000バーツ (約103,743円)くらいは貯金に回しているとか言ってましたっけ?その場合使える金額は1か月で13,000バーツ (約44,955円)くらいな金額になるとしたら結構ストイックに節約しないと大変かなぁと思える金額な気もしますが、使う金額は人それぞれですので、そうとう節約してるんだろうなぁというのが率直な感想です。

 

タイ語・英語を使用しないタイでの仕事について


 

 

この辺りに関してはあまり真に受けちゃだめですよ(笑

 

誤解のないように言っておきますが、

 

日本語しか使わない仕事はやっぱり給料も対して高くない職だと思うのが私の印象ですけどもね。

 

実際問題英語・タイ語は仕事をする上では必須かなと思います。

 

もちろん、最初は喋れなくて良いという所もありますが、仕事をしていく上でやはり言語の学びを行なわないと色々な面で不便をこうむるりますし、ポジション的に現地採用の日本人の立場って平社員よりちょっと上のマネージャー的な部分を求められる所がほとんどなので、給料もタイにしては高額な金額を貰うわけですから、周りのタイ人と仕事をする上でしっかりとコミュニケーションを図れないと不便な点が出てくると思うんですけどね。

 

私は割と日本人顧客以外にもタイ人の下請け業者に発注したりとする事が割と多かったのですが、細かいニュアンスを伝える事って実際にやってみないとイメージが湧かない事だと思いますが、翻訳ソフト使ってどうこう出来る問題じゃないんで本当に言葉がしゃべれないと難しいって感じる事が多々ありますし、タイ人の通訳が居たとしてもレベルによって日本語でこちらも話す際にわかりやすく且つゆっくりとかで喋らないと伝わらないとか色々とあったりしますので言葉が喋れないと最初はかなり苦労すると思いますよ。

 

それは仕事においても日常生活においても同様です。

 

なので、言葉がしゃべれなくてもOKと思って安心するのではなくて、海外に住むという意思であるのであれば積極的に英語や現地のタイ語学習を行っていく事が大事だと思います。

 

本気でタイで就職したい人の為に本当のタイの就職の事実を述べよう
先日の2016年4月5日付のテレビ番組『ボンビーガール』というテレビにてタイで働く女の子の特集が組まれており、その日番組を見ることはなかったが、後日見られる機会がありじっくりとそのタイで働く女子にスポ

 

タイのゴルフに1回3000円に関しての話


 

 

一般的な現地採用の人であればそんなに関係する話ではないのであれですけど、番組内では一回3000円くらいといっておりましたね。

 

なので費用は1,000バーツ (約3,458円)という感じだと思いますが、どうなんですかね?私はそれほどゴルフをしないんで詳しくはないのですが、駐在の方とかは会社でゴルフ場の会員になっていたりするので割引が効くものもあったりするみたいですね。

 

あとは、外国人価格とタイ人価格で分かれてる所もあってタイ人の人がいればタイ人価格で入れる安い所もありますけど1,000バーツ (約3,458円)でおさまるかなぁ?と言われるとちょっと色々と考えるような部分はあるかなと思います。

 

カートは別途1台600バーツ (約2,075円)くらいでしたかね・・・もう2~3年行ってないのでうろ覚えですが。

 

基本的にタイではゴルフをする際にキャディーが1人1人につくわけですが、その際にキャディーフィーとして必ずゴルフが終えたら最低300バーツ (約1,037円)以上は必ず付いてくれたキャディーさんにお渡ししますし、ラウンド中バーディーとかスコアがいい時には一緒に回ってくれてるキャディーさんにチップを弾むとかそういうのもあったりして含めると18ホール回って3000円はちょっと厳しい気もしなくもないかなぁと。

 

まぁ、なんというかゴルフ場で働いてるキャディーさんとかは付いた人からのチップが収入源なわけですから、正直安い安いと言ってこういった最低限のマナーを知らないで払わないと色々とまずい所もあるので最低金額で図るのは何事もよくないと個人的には感じます。

 

ゴルフの打ちっぱなしとかは3000円あればかなり練習はできますけどね(笑

 

 

その他誇張表現なボンビーガールの番組的のタイの内容について


 

まぁ、そうですね。

 

駐在の男性を狙っての結婚ゴール目当てとか、トゥクトゥクで曲を流してもらうとかはもう番組的な炎上話題狙いなのかなと思います。

 

結婚目当て発言はせっかくタイに来たのに駐在員結婚狙いとなったら任期が決まってる駐在員の人の場合帰国となったらどうするんだろう?とかは思いますかね・・・まぁ、結婚がゴールならそれで良いのでしょうけど。

 

トゥクトゥクに乗って曲流すとかはあれは明らかに話を盛り上げる企画的な、なにかかなとは思いました。

 

正直タイに住んでて日常的にトゥクトゥクに乗ってる人はあまり見ないので。

 

理由は、タクシーと違って金額が交渉になるんでいちいち金額交渉とかめんどくさいうえに、こちらが外国人だとぼったくりが多いので観光で人が来たとかそういうのがない限り乗る機会はほとんどないかなぁとは思いますけど・・・というか、タクシー使うよりトゥクトゥク乗ると金額高いですよ。

 

まぁそうだとしてもいずれにせよ、マッサージとかエステが安いのは事実(それなりの良い所は良い金額します)ですし、安い金額で受けれるというのはあるので間違ってはないかなとも思います。

 

ただ、なんというか安い幻想でタイで就職・移住を決めてしまうのは長い目で見ると大変な状況に直面してしまうので、色々と詳しい人に相談したり、転職エージェントも数多くありますので、そのあたりに相談してみると良いと思います。

 

でもまぁ、日本語だけしか喋れない仕事でというとスキルを持ってない人であれば足元見られてコールセンターくらいしか紹介されないと思いますので、そのあたりは注意した方が良いと思います。

 

ネットでタイは安く住めると信じて日本語だけで仕事が出来る所に就職した人の話
先日、知人のツテからタイ・バンコク市内で日本語だけで完結する職場で働いている人の話を聞いた人からたまたま食事する機会があり、話を聞いたのでその時の話を述べたいと思います。 又聞きな話では

 

タイ在住者がボンビーガールの放送内容に炎上する理由


 

色々と理由はあると思います。

 

別にこれがタイではなくて日本国内のどっかの田舎の話であれば別段何も思わない番組だと思いますし、私もなにもいう事はなくへーそうなんだで終わりますが、一番問題なのが『海外移住』という部分なんですよね。

 

日本人がタイの現地でなにかしら問題を起こした場合、日本国内の話であればその人個人の問題で済む話が海外で日本人が問題を起こすとその人だけじゃなくて国として見られる事態になってきまして、最悪国際問題に発展しかねない事態も起こる可能性があるのですよね。

 

タイ・バンコク移住、月5万円で生活出来るを信じた末路がこうなったら笑えないっていう話
少し時間がたちましたが、先日、日本人が11月10日にタイ・バンコクにある両替所へ強盗を働くというニュースがTwitter等で流れていましたが、率直に言ってバカじゃないのと思います。 加え

 

タイから陸路でカンボジアに入国してタクシー運転手を殺害した日本人に思うこと
先ほど、Yahooのトップニュース等に上がっておりましたが、20代の日本人がカンボジア現地のタクシー運転手を殺害したという事で、ニュースになっておりました。 まずは、今回殺害された現地カ

 

それに日本人がタイに住む為に絶対に必要なビザの要件も最悪厳しく規制される事態もあるわけでして。

 

そういった部分を無視して物価が安いからとか良い場所に安く住めるとかいう部分だけに焦点を当てて放映され、実際に現地へと訪れ仕事も思った以上に大変でうまくいかず離職、しかし、生きていく為にはお金を稼がないといけないわけですから、非合法な仕事に海外居ながらついてしまいかねない事態になる可能性も出てくるわけですよね。

 

先日あったパタヤでの日本人不法就労なんていうものに藁にも縋る気持ちで行ってしまう可能性もあるわけでして、いずれにせよ何か海外で問題を起こした場合一個人の問題で終わらない可能性があるので色々とタイ在住者は大変だよと言ってるのだと思います。

 

といってもなかなかイメージしづらい部分だとは思いますが…いやほんと、日本人がタイで問題起こすとタイ人スタッフとかにそれなりに言われることもありますからね・・・実際に現地で働いていく中でその辺もわかっていく事だと思います。

 

いずれにせよ、本気で考えている人は慎重にとにかく色々と調べた上で移住することをおすすめします。

 

 

失敗したら帰ればいいやー的に思ってても割と多大な労力を使うことになりますから。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA