スラウォン通りの熔岩焼肉富がくは古き良き定食が味わえる焼肉兼日本食堂だった

Pocket

先日とん清を訪れた時に、少し視界にはいった同じ通りにある店舗富がく。

 

 

今度はそちらのお店を訪れてみようと言うことで、再びスリウォン通りを歩き溶岩焼肉富がくへと足を運んだのだった。

 

 

お店の形態は焼肉店がメインとなっているようだが、定食メニューもあり、しかも価格帯もとん清と同じような価格帯でお手頃であることから今回は定食を味わってみることにしたのだった。

 

溶岩焼肉富がくの場所は下記GoogleMap参照

現在地
ルートを検索

 

富がくのお値段は以下の通りである。

 

 

 

定食セットメニューであれば、150バーツ (約518円)240バーツ (約829円)といった所だろうか

 

 

焼肉メニューであれば200バーツ (約691円)750バーツ (約2,590円)といった所。

 

まず個人的な感想を述べるなら、焼肉・定食と考えた場合でも圧倒的に安いと思うお手頃設定だと私は思う。

 

特に焼肉満腹セット、今回は定食の注文だからあれだが、色々な焼肉のセットで750バーツ (約2,590円)は周辺のタニヤ通りに店舗を構えているお店にくれべ相当お手頃価格で一人焼肉ができちゃうような、そんなお値段設定であると感じる。

 

さて、そんなわけで早速料理をオーダーしてみるわけだが、今回は店員さんおすすめのチキンカツカレー定食をオーダーしてみることにした。240バーツ (約829円)

 

まず最初に出て来たのは。

 

 

自家製であろう前菜。

 

これを一口食べて思ったことがあって、私の実家の祖母が作った味にそっくりでものすごくびっくりしたのが正直な感想でした。

 

ものすごく懐かしいと感じた味にバンコクで思わずほっとしたというか、少し日本に居た時を一口食べて思い出してしましたね(笑

 

 

そして、チキンカツカレー定食のボリューム感といったら、240バーツ (約829円)でえ?ここまで付いてくるの?っていうくらい至れり尽くせりというか、まず、お茶は無料、お茶のおかわりも無料、メインチキンカツ、カレー、キムチ、サラダ、味噌汁、さらには自家製前菜という定食にふさわしいボリューム感。

 

ここまでこの価格で出てくる日系定食屋はちょっと思い浮かばないですねというくらいセットしてる定食だと思いました。

 

チキンカツの味も問題なし。

 

 

そして、カレーに関しては隠し味が効いているのかものすごく家庭的で食べた瞬間実家の味を思い返すことでしょう。

 

ものすごくマイルドで優しい味でした。

 

 

そして、食後にはデザートのスイカで締めるという流れ。

 

これで、お値段240バーツ (約829円)は本当にお手頃定食価格だと思います。

 

ちなみに、このクオリティが保たれているのか後日別の料理も頼んで見たいと思い足を運んで見た所。

 

 

前菜は言わずもがな、きゅうりのつけ具合が良い感じ。

 

 

今度は焼肉セット。

 

こちらはチキンカツカレーセットと比べても若干安い220バーツ (約760円)というお値段でしたが、サービスは前回同様に同じで、締めのデザートも付いての至れり尽くせりコースとなっていました。

 

 

若干焼肉はタレが濃いめかな?とは思いましたが、人それぞれ、味に関しては問題ないと言える料理でした。

 

というわけで、富がくがある場所には他にもとん清、かつ真、大升といったお店が並ぶ場所ではありますが、是非とも定食をヘビーリピートしたので今後も長く続いて欲しいなぁと思うのでした。

 

近隣のとん清や大升の記事は下記から

『とん清』はスリウォン通りにある古き懐かしき店でお手頃価格の日本食が食べられるお店
進む電波少年といえば?思い起こされるバンコクに関連した有名人として挙げられるのが猿岩石だと思います。既に猿岩石のグループ自体は解散していますが、現在では有吉弘行ピンとして、どん底から這い上がった芸能人

 

バンコク・シーロムスラウォン通りにある大枡へ上質なお肉が七輪で焼けるお店
バンコクのシーロム方面スラウォン通りを少し歩いた奥の脇道に 大枡(だいます)という七輪焼き居酒屋があるのはご存知だろうか? バンコクのお店にしては提供されているメニューのお肉はかなり気

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA