『とん清』はスリウォン通りにある古き懐かしき店でお手頃価格の日本食が食べられるお店

Pocket

進む電波少年といえば?思い起こされるバンコクに関連した有名人として挙げられるのが猿岩石だと思います。既に猿岩石のグループ自体は解散していますが、現在では有吉弘行ピンとして、どん底から這い上がった芸能人として現在でも活躍されている方かと思います。

 

当時、ユーラシア大陸横断ヒッチハイクの旅は社会をかなりにぎわせた番組だったのではないでしょうか?

 

そんな猿岩石がバンコクを訪れた時にちょっと手伝っていた飲食店のお店がシーロム・スリウォン通りにある「とん清」というお店だそうです。

 

というわけで、そのあたり全くもって知らなかったのですが、近くを通りががった時にお店で軽く食事をしてきたのでした。

 

 

お店の場所はBTSサラディーン駅からであれば、多少歩くことになります。

 

スリウォン通りからずっと直進していって10分くらい歩いたところにある『とん清』は、主にタイ在住の日本人をターゲットとして食事も酒も楽しめる大衆的食堂兼居酒屋といった雰囲気のあるお店だと思います。

 

とん清の詳しい場所は下記googlemapを参照。

現在地
ルートを検索

 

とん清はスリウォンのほかにもスクンビットソイ26にもあるそうですが、今回はシーロム店へと足を運びました。

 

さて、なかなか貫禄のある外観のショーウィンドウを覗いてみると、猿岩石の書籍が未だに飾ってあります。

 

 

とん清の料金は先日訪れたとんかつ処武蔵に比べるとかなりリーズナブルな価格に収まっているなと感じ価格帯のお店であり、このぐらいの価格帯であれば、わりと週5でも通ってもよいなぁと感じるお手頃さがあるお店だと感じました。

 

 

定番の料理は170バーツ (約590円)250バーツ (約868円)くらいの範囲でしょうか。

 

手書きのメニュー表が大衆食堂を思い起こしてよい味が出てると思います。

 

 

丼もの、てんぷら、ハンバーグ、多分あーこれ久々に食べたいなぁなんて思うお手頃日本料理がそこそこのお値段で食べられるのはバンコクではなかなか貴重かなと思います。

 

さて、そんなとん清の有名料理といえばとんかつだそうですが、今回私はなんとなく肉を食べたい気分だったので、焼肉定食をオーダーしてみることにしたのでした。

 

お値段220バーツ (約764円)でした。

 

 

こちら焼肉定食はご飯、味噌汁、おしんこがついての4セット。

 

この辺りは大体バンコクでも定番の形だと思います。

 

 

ものすごく絶品だ!みたいな感じの料理ではなくて、家庭的な母親とかが作ってくれるそんな懐かしさを感じる料理ではありますが、ものすごくいやー飯食ったなぁ!と食べた後に感じるそんなお店なのかなと思います。

 

 

こういうお店は仕事終わりに日本酒をあおりつつ、ちょっとした肴をつまみながらだらだと日本のTV放送を見ながらまったりと過ごすとような感じも悪くないのかなと思いますね。

 

住所:Thanon Surawong, Khwaeng Suriya Wong, Khet Bang Rak, Krung Thep Maha Nakhon 10500
電話番号:02-236-2836
営業時間:11:30-23:00

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA