バンコクで大切なスーツや服が破れたら路上修繕屋で直してもらいましょう

Pocket

日本から持ってきた大切なスーツが破れてしまって使い物にならない!そんなお困りの方は是非ともバンコクの至る所にある路上修繕屋の利用活用をお勧めします。

 

かくいう私も昨日とうとう2本目のスーツのズボンが破けてしまい、1本目はそのまま放置で2本目スーツのズボンを履いてたわけですが、こちらも縫い目から破けてしまいこれはさすがに修繕をしないと勿体無いかなと思い、路上でミシンで衣服を修繕している仕立て屋を求めてスクンビット・シーロムと彷徨ってきたのでした。

 

ネットの情報によるとスクンビットソイ39と、シーロム近辺に存在するという記事を見かけたのですが、いかんせんどの記事も場所が乗っておらずわかりませんでした。

 

一応写真の背景の場所を頼りにスクンビットソイ39の仕立て屋は判明したものの、朝から訪れても存在を確認できず、仕方なしにシーロム方面へと向かう事にしました。

 

ちなみにスクンビットソイ39の路上仕立て屋は多分この位置にあるだろうと思われますが、現在営業しているかどうかは定かではありません。

 

ネットに掲載されていた記事が多分ここだったのであたりをつけたのですが、私が訪れた時には営業していませんでした。

 

参考までに場所は記載しておきます。

現在地
ルートを検索

 

ただ、やっているかどうかはわからないので・・・・参考迄にもし確実に行くのであれば、今回はシーロムの方で直してもらったので、周辺に住まわれている方はスーツの服や大切な服のボタンが取れたりしたら行ってみると良いと思います。

 

さて、シーロムの路上仕立て屋さんですが、スリウォン通り沿いにあります。

 

現在地
ルートを検索

 

場所は警察の駐在所がある道の所。

 

昼間は日よけがビニールでしてあって軽く掘っ立て小屋的な雰囲気を醸し出していますが、軽く中をのぞいてみるとおばちゃんがミシンを使って修繕している光景を目撃することができます。

 

というわけで、早速スーツ二本持ってお願いした所、その場ですぐさま修繕してくれまして、スーツのズボンの破け二本でおよそ10分もかかってないという早業でやってもらいました。

 

さすがに一日は掛かるかなぁと思ってたんですが、ここまで早業で仕上がるとは思っていなく良い意味でびっくりしました。

 

しかも、要求した箇所以外もほつれを見つけてくれて修繕してくれたりして、これで耐久性も持つのであれば是非ともリピートしたい所であります。

 

というわけで、スーツズボンの簡単な破けの修繕でしたがお値段60バーツ (約207円)でした。

 

スーツ自体は二本から購入してきてるので、手軽にこう直してもらえる環境があるのは非常に助かるなぁと思うとともに、バンコクで独身で生活する上ではこういった事をやってもらう人が居ない方は活用してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA