バンコク・アソークとシーロムにあった日系レストランペッパーランチで昼食を摂る

Pocket

タイ・バンコクのショッピングモール内で比較的に見ることの出来るお店ペッパーランチ。

 

タイ国内では30数店舗出店しているチェーン店であり、私はてっきりタイ企業か、周辺国の企業かと思いきや、実は日本の企業だったということで、先日アソークとシーロム界隈に出ていた時に二回に渡って足を運んでみました。

 

 

まず初めて訪れた店舗がターミナル21だったわけですが、HappyTimeということで、15:00迄は比較的低価格な170฿ (約566円)~220฿ (約733円)くらいのお値段でお手軽な肉ランチセットが楽しめそうということだ。

 

 

ペッパーランチの単品価格は、129฿ (約430円)~となってる模様。

 

安めなでお手頃な価格設定からそれなりにする価格迄幅広いチョイスが出来る設定となっている。

 

 

がっつりとお昼に肉が食べたければ240฿ (約799円)~498฿ (約1,658円)のプレミヤムステーキというボリューム満点のメニューもあるようだ。

 

とりあえず、私が今回オーダーした料理はHappyTimeでセットがお得なPork Pepper Riceセットにしてみた。

 

通常のセット+であれば味噌汁もしくはサラダか選べるようであるが、HappyTimeセットの場合は選択の余地はなく味噌汁一択なのだろうか?アソークの時んは別段セットにした際に味噌汁かサラダか聞かれなかったので。

 

 

こちらが通常スタンダードなメニューのポークペッパーライスセット。

 

熱々の鉄板に焼きたてのまま運ばれて来ており、火傷注意なので食す際にはご注意を。

 

味の方はペッパーランチという名にふさわしくコショウのスパイスがよく効いており、熱々のまますぐさま食べられるスタイルで食欲を促進されそうな気になってくる。

 

肉は席に持ってこられた時点だとレア具合な感じで運ばれてくるが、これが時間がたつにつれてどんどんとヴェルダンになっていくので、レアやミディアムくらいで食したいならステーキをご飯の上へと早急に避難させる事をオススメしたい。

 

 

味噌汁はわかめと厚揚げのスタンダードな味噌汁仕様。私の個人的な感想だが、バンコクすき家の味噌汁よりは質は格段に優っていると思われる味噌汁の質であると思う。

 

シーロムの地下1Fに出来たオリジナル牛丼でおなじみのすき家へと行ってみた
気がつけばいつの間にかシーロムにもすき家が出店していました。 私の中ではすき家は大型ショッピングモールに展開しているチェーン店のイメージが強い店舗ですが、シーロムの展開では、ひっそりとし

 

というわけで、お昼に軽く肉と味噌汁セットお値段は220฿ (約733円)となっており、大手ショッピングモールで展開している日系レストランとしては非常にお手頃に食せたという印象でした。

 

つづいて、せっかくならもう一品別の日に食してみたいと思ったので、今度は別の店舗シーロムのペッパーランチへ行って見ることに。

 

 

オーダーした料理はBeef Aglio Olio、パスタが乗っているタイプのメニューであり、単品価格は200฿ (約666円)であった。

 

単品だと寂しいのでこれにセットを追加すると、サラダか味噌汁かの選択を迫られたので、味噌汁は前回アソークでいただいたのでサラダセットにすることに。

 

 

私はマヨネーズベースのソースより、和風ソースが好みなのだが、残念ながらそういったチョイスはできない模様、しかし、サラダの質はほどよくチキンの味も上々。

 

なにより、サラダが食べられることに対する喜びもあるので、もはやなんでもOKである。

 

 

しばらく待った末に登場したBeef Aglio Olioであるが、食べた感想を述べるのであればご飯かパスタか?どちらが良いかと言われると結構私は悩んでしまう・・・が、あえていうならご飯の方が良いかなという印象。

 

が、ご飯をどうしても食べたくない日の場合はパスタはありかなと思うけども、それだったら普通のパスタを出しているお店にいくかな?ということころだろうか。

 

まぁ、つまりは割と普通の味でした。特に特記するような事もないかなという事で、お値段セット価格255฿ (約849円)という事で、二度に渡ってペッパーランチを訪れましたが、この他ステーキ系、ハンバーグ系、純粋なパスタ系メニューもあるようなので、もし次回訪れる機会があるのであれば、また違ったメニューを食してレポートしたいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA