バンコクで多店舗展開している『とんかつ まい泉』高級志向の本格とんかつ店

Pocket

バンコクで美味しいとんかつが食べたくなったらと聞くと高確率で名前が上がるお店、とんかつまい泉。

 

とんかつまい泉は現在タイ・バンコクに置いて11店舗展開している日本食レストランだ。

 

その11店舗全て展開している場所がタイでも有名な大型ショッピングモール内ということで、連日連夜夕方過ぎには富裕層、もしくは仕事を終えたオフィスワーカーの人たちで賑わいを見せているお店である。

 

 

今回私が訪れたまい泉は、シーロムにあるシーロムコンプレックス店へとお邪魔させていただいたわけだが、こちらの店舗夕方過ぎには満席になる事もしばしばある人気店舗と言える。

 

シーロムコンプレックスの場所は下記マップ参照

現在地
ルートを検索

 

シーロムコンプレックスといえば、まい泉以外にも一風堂といった有名ラーメン店も入っているショッピングモールであり、他にもワインコネクションや、お手軽価格で食事ができるペッパーランチもありとバリエーションに富んだ食事が楽しめる場所でもある。

 

以前足を運んだ一風堂の感想は下記リンクを参照

バンコク・シーロムにある『一風堂』は日本クオリティーそのままのラーメン店
シーロム・コンプレックスというショッピングモール、その中に進出している日本でも有名なラーメン店舗一風堂。 ひょんな事から足を運ぶ機会があり、今回初めて一風堂へと行って見た。

 

 

まい泉の価格帯ははっきり言ってかなり高い仕様となっていると値段を見て分かっていただけると思う。

 

およそ275バーツ (約949円)~455バーツ (約1,570円)くらいの価格帯であり、通常外の屋台で1食の価格50バーツ (約173円)~100バーツ (約345円)と比べて見るとおよそ3倍くらいの値段の違いがある高級志向と言える価格設定だ。

 

 

私が今回オーダーしたまい泉の料理はロースかつ膳。

 

通常価格は275バーツ (約949円)であるが、セット価格にすると345バーツ (約1,191円)と言うことで、今回はセットの方で注文をさせていただいた。

 

シーロム界隈でも数店舗うまいとんかつを扱っているお店はあるが、その中でもこの価格帯でやっているまい泉は一番高いお店だと思う。

 

 

セットメニューはシンプルにご飯・お漬物・味噌汁の3点セット+食後のデザートといった感じるになっている、野菜不足の方はキャベツは無料?で増量してくれるのかもしれない。

 

今回の場合特になにも言わなくても店員さんが気を利かせてキャベツを別個持ってきてくれた、野菜不足なバンコク生活ではキャベツでも非常に嬉しい限りである。

 

 

さて、近場にあった甘口のタレをつけて、一切れとんかつのクオリティを確認する。

 

肉厚よし、肉汁たっぷり、衣はサクサクそして肉はジューシーで柔らかくと、なるほど値段に似合う価値のあるとんかつであると一口食べて感じることできると思う。

 

個人的感想だが、結構タレはがっつりと掛けた方が味わい深いと思うが、この辺りは個人差があるので、適量で食すと良いと思われる。

 

 

とんかつ膳を味わった食後には一息つくためのデザート付き、デザートは抹茶アイスか杏仁豆腐かの二択から選べるのでお好きなデザートを頼むと良いだろう。

 

 

お会計は消費税とサービスチャージを合わせて429バーツ (約1,481円)

 

というわけで、シーロムコンプレックスのとんかつまい泉をご紹介したわけだが、なかなか価格帯もある程度するので頻繁に訪れる事はできないが、ふとした時にとんかつ食べたい!と思ったら確かに思わず候補に上がってしまいそうなそんな高級志向なお店のまい泉、次回も機会があれば別のメニューを食すべく訪れたいと思うのであった。

 

 

住所:191 Si Lom, Khwaeng Silom, Khet Bang Rak, Krung Thep Maha Nakhon 10500
営業時間 : 10:30~22:00
電話番号 : 02-231-3121

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA