バンコク・シーロムにある『一風堂』は日本クオリティーそのままのラーメン店

Pocket

シーロム・コンプレックスというショッピングモール、その中に進出している日本でも有名なラーメン店舗一風堂。

 

ひょんな事から足を運ぶ機会があり、今回初めて一風堂へと行って見た。

 

一風堂といえば、世界をまたにかけるラーメンチェーン店であり、世界各国実に12の国に展開している事で有名なラーメン店舗だ。

 

そんな一風堂もタイでは三店舗展開しており、その1店舗となるのがここ、BTSサラディーン駅直結のシーロム・コンプレックスに内地下1Fに存在する。

 

 

一風堂はタイでは2018年現在八店舗進出を果たしているラーメン店舗である。

 

日系のラーメン店舗でタイでここまで多くの店舗を構えているのは一風堂だけではないだろうか。

 

とりあえず今回はシーロム店舗と言う事で詳しい地図は下記GoogleMapを参照してほしい。

 

一風堂シーロム店(シーロム・コンプレックス)の場所

現在地
ルートを検索

 

 

タイ・バンコクの一風堂のメニュー、メインとなるラーメンは赤丸と白丸この二タイプのラーメンが一風堂の主力のラーメンであり、お値段はおおよそ200バーツ (約694円)300バーツ (約1,041円)といった設定。

 

 

白丸ラーメンに比べると若干赤丸ラーメンの方が値段が高く設定されている。

 

まずは白丸から頂いて見る事に。白丸味玉225バーツ (約781円)

 

 

ちなみに、備え付けられている生姜ニンニクは自分の好みによって入れられる仕様となっており、この辺りは日本でもおなじみのスタイルなのではないだろうか。

 

 

私が今回オーダーした麺硬さはHARD。硬めと行った所だろうか。細かい注文を付けれるのも、店舗としては◎であると言えよう。

 

 

麺は細麺タイプ、注文通りの硬めな麺の仕上がりであり、お味の方は文句なく美味かったと絶賛出来るそんな味に仕上がっていたと言えよう。

 

ちなみに、余談ではあるが、わたしは一風堂のラーメンを白丸、赤丸と食べ比べた所、断然うまいと感じたのは赤丸の方である。

 

赤丸スタンダード220バーツ (約764円)

 

 

少しピリッとした辛さがあるものの、その辛さとスープが見事にマッチしており、スープ迄完食できるほど美味だと感じた赤丸の破壊力を是非ともバンコクへ足を運んだ際には味わってほしいと思う。

 

今まで色々なラーメンをバンコクで食して来たがTOP3に食い込むくらい一風堂のラーメンは実に完成されたラーメンだと感じるクオリティである事は保証できるので何かの際に一風堂が入ってる場所へと訪れたら食べて見ると海外で本物の日本のラーメンの味を堪能出来る事だろう。

 

 

所在地: Bang Rak, バーンラック バンコク 10500
営業時間: 10:00~21:00
電話番号: 02-632-0031

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA