タニヤ近くスラウォン通りにオープンした博多うま馬2号店の料理を味わう

Pocket

博多うま馬。
スクンビットソイ23に1号店があるこちらのお店は、シーロム・スラウォン通りに2号店を出店させたのが昨年度の話。

 

かなり前の話ではあるが、新規オープンした直後にスラウォン通りの2号店、たまたま博多うま馬へ足を運ぶ機会があり、お店で食して来たのでその時の話を今回はご紹介したいと思う。

 

私は関東の人間なので、なかなか地元でない地域の店舗には疎いのだが、博多うま馬は創業昭和28年から続く伝統的な店舗という事だが、なんでも幻の名店三馬路の味を受け継ぐお店という事で、博多らーめんのルーツともなるラーメンの味を今でも守っているそんな老舗の一つらしい。

 

海外展開にも積極的に乗り出しいる様で、タイ・バンコク以外にもシンガポールそして、フィリピンにも店舗構えているお店である。

 

博多うま馬を支えている取り扱いメインメニューはらーめんだと思われるが、ここタイ・バンコクではらーめん+居酒屋料理+アルファといった印象のある店舗だと思われる。

 

今回足を運んだ、博多うま馬2号店の場所は下記GoogleMapを参照して欲しい。

現在地
ルートを検索

 

さて、博多うま馬のメニューであるが、らーめんのみならず居酒屋料理そして鍋といったバラエティーに飛んだメニューであると感じるラインナップである。

 

 

うま馬らーめん(豚骨)値段は190バーツ (約656円)〜、オリジナル・スパイシー・ガーリックの中からお好みでチョイスが可能、さらには麺の硬さやトッピングも自分の好きなように盛り合わせできるのは魅力的だ。

 

 

他にもみんなで囲むには最適な鍋料理や、居酒屋らしい、焼き鳥と行ったメニューも用意されており、ちょっとした夕食におとずれるのも良し、もしくは仲間内で酒を食いながら居酒屋料理や鍋を楽しむのも良しと選択の幅が広い店舗だと感じるラインナップである。

 

 

さて、まずは本命のらーめんから食してみようではないか。
私がオーダーしたのはうま馬らーめん(スパイシー)。

 

久方ぶりの本格豚骨ラーメンだ。

 

本格的な博多ラーメンを食すのはどのくらいひさびさだろうか?そんな事を考えているうちに料理は出来上がり配膳されてくる。そして、登場したうま馬らーめんがこちら

 

 

なんとも、まさにらーめん!といった具合である。
なかなかタイのラーメンではこういう形のトッピング迄は行かない。色のバランスもよく、スパイシーさの赤の匂いと豚骨が絡み合って良い具合に食欲をそそるではないか。

 

 

ちなみに、こちらはうま馬らーめんのスタンダード版。

 

トッピングに関しては差異はないものの、ちょっとした刺激を求めているならば、私は濃厚な赤が豚骨を引き立てるスパイシーをおすすめしておきたい。

 

もちろん、こちらのうま馬ラーメン両方ともに言わずもがな美味であったと一言だけ付け加えておこう。

 

 

こちらはうま馬らーめんと合わせて食べたい餃子。
見てわかるように、そこがパリッパリに焼かれており、熱々のうちにラーメンと一緒に食すると幸せな気分になれる事だろう。

 

ボリュームとしては他のタイで進出している日系のラーメン店と比較しても大きめなサイズであると思う。

 

 

手羽先といえば、タイでは世界の山ちゃんだが、色々なお店でまた違った手羽先を味わえるのもまた悪くない。特に特記する点はないが、私は博多うま馬の手羽先ではれば迷わず塩派かなと結論に至った。

 

 

そして、居酒屋メニューの定番焼き鳥。
是非とも酒と一緒に味わってほしい一品であり、焼きたての焼き鳥はとにかくビールが進む事請け合いであると言えよう。

 

そんな、博多うま馬フルコースを味わった最後にトリとして登場した食べておきたかったうま馬のメニューの鍋料理。

 

 

複数人で食事を楽しむならこちらも合わせてオーダーしてみると良いと思われる。

 

 

そして、鍋をからにした後は最後はおじやにしてスープの一滴まで余す事なく博多の味を楽しむ、そうこのバンコクの地で。

 

博多うま馬は少しスラウォン通りの奥まった場所にあり、少しわかりづらいかもしれないが、もし近くを通りかかった際には軽く軽食でらーめんを食べるのでもいいし、がっつりと酒を飲み交わすスポットとしても悪くないそんなお店だと私は思う。

 

なかなかこの辺りには行く機会がないが、しかし、何かの際に近くを通りかかり、ふとした衝動で博多豚骨ラーメンが食べたくなった寄ることにしてみようと思う。

 

所在地: 39/25-26 Soi Naradhiwas Rajanagarindra 1, Khwaeng Suriya Wong, Khet Bang Rak, Krung Thep Maha Nakhon 10500
営業時間: 11時30分~14時30分, 17時30分~0時00分
電話: 02-023-7254

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA