バンコクへ単身就職する際に住居はどう選べは良いのかを現地採用の経験を元に述べる

Pocket

タイ・バンコクへ就職を考えているならば絶対見つけなければいけないもの、住居がある。バンコク内には大小様々なアパートメントを筆頭にコンドミニアム、タウンハウス(一軒家)、サービスアパートメントと様々な形態で貸し出している物件がある。

 

タイ移住を果たす際にどういった点に焦点を置いてバンコクでの住居を決めればよいのか今回は実際私の現地採用経験から踏まえてこれからタイ・バンコクへと移住する人に向けて記事を書いていきたいと思う。(※今回のお話はタイで働きたい現地採用向けの視点の話であり、駐在や観光者向けの記事ではないので悪しからず)

 

さて、ではタイ・バンコクへと就職した際に何を基準に住居を決めていけば良いかという事だが、各々譲れない点がある事だろう。

 

タイ・バンコクのコンドミニアムやアパートメントは日本の住居とは違い物件によってはプールやフィットネス、サウナにBBQスペースといった日本のマンション等ではそうそうお目に掛かれないシステムが付随してくる物件がかなりの割合で存在しているので、日本の暮らしから根本的に変えたいと思っている人はプールやジム付きといった物件に憧れる事だろう。

 

他にも単身の人には大変楽できるサービスアパートメントタイプの物件は週何度か自身部屋の掃除及び、ベットシーツの交換といったサービスがあるアパートメントもあり、単身一人でタイ・バンコクへ移住しても仕事に専念出来る環境だと思う。

 

私もタイ移住当初最初に契約したアパートメントはサービスアパートメントタイプの部屋であった事から日常の掃除やベットメイクの交換の煩わしさを考えずに済んでいたので生活にゆとりが生まれる事となったの言うまでもない。

 

バンコクへ就職が決まったら安いというだけでバンコクの物件を決めない方が良い


 

正直言ってバンコクのアパートメント・コンドミニアム事情は上から下までピンキリであり、バンコク中心街の賃料は高い傾向にあるが、郊外へと足を伸ばしていくと賃料も下がる所がほとんであり、中心街と同額の金額を出した場合郊外でも広さは2倍とバンコク中心街に住むよりコストも抑えられて非常にお得感が溢れてるように感じるかもしれない。

 

しかし、私の今までの経験上安いという単一の理由で物件を決めるのでは無く、タイ・バンコクへと就職して通勤するという事を前提で考えるなら日常的に通う場所への利便性も含めた上でバンコクでの住居は決めた方が良いと思われる。

 

室内や建物の設備として、安い物件は例えばエアコンが完備してなかったり、建物の入り口のセキュリティがなく誰でも入れる状況だったりするアパートも存在している。

 

男性であればその辺あまり気にしなくても良いかもしれないが、もし女性でタイ・バンコクへ就職を考えているのならば、このあたりのセキュリティ周りや警備員が常駐しているかどうかという観点も含め住居は決めた方が良いだろう。

 

さらに、利便性で考えるならやはり周辺環境に何があるかが大事である。

 

日常的に通うであろうコンビニエンスストアだったりショッピングマーケット。あとは、食事が出来る為のレストランや屋台等は近隣にあるかどうか、さらには、ちょっとした移動の際に使えるバイクタクシーが待機している場所が近隣にあるかどうかも住居を決める際のポイントとなる。

 

私が以前住んでいる郊外のコンドミニアムは確かに中心街で住もうとすれば2~3万バーツくらいしてもおかしくない部屋の広さと設備を持っているコンドミニアムである。

 

フィトネス・プール完備、さらには簡易サウナ室迄もあるので、建物内での生活は非常に快適であった。しかし、利便性が悪く慢性的な渋滞に見舞われる立地であり、一番近いコンビニエンスストアまで徒歩15分と日常生活的には非常に不便を強いられる場所、さらにはバンコク中心街へタクシーで向かう際には拒否られる事多数であり、タクシーを拾うだけで無駄な時間消費していたので、そういった点でも非常に不便であると感じる場所であった。

 

勤務する職場が近すぎてもデメリットは有る


 

私がタイのローカル企業で日本人1人として働いていた時は職場から徒歩3分という環境であった。
その当時はバンコクの郊外でありながらBTS迄は徒歩10分程、スクンビットソイ103であり、元寄りのBTSはウドンスック駅となる。

 

別段通勤という観点からみた場合は全く問題ではない上に交通費も外で人と会わない限りはほとんど掛かる事もなくあまり問題は無かったのだが、一点だけ生活を行う上で不満がある事があった。

 

それは、あまりにも職場に近い事から近隣、もしくは同コンドミニアム内に同じ職場で働くタイ人スタッフと度々鉢合わせしてしまう事が自分の中では外へのんびりと出ていてもばったりとあってしまう確率が高いためになんとなく心が休まらないという思いがあった。

 

公私を分けたい人はあまりにも職場から近いという部分も避けたほうが良いと思われる。

 

タイ・バンコクで最初に就職した時に一体どこに住居を決めるのがベターなのか?


 

職場の場所にもよる事ではあるのだが、やはりバンコクの地に就職をした上で住居を決めるポイントとして重要なのは、職場までBTSやMRTあるいはART一本で通える範囲の所で住居を決められる事がベターだろう。

 

BTSやMRTそして、ARLへのアクセスは5分以内が理想だが、徒歩10~20分圏内でも周辺の状況的にバイクタクシーが常駐している所が近いのであれば、最初は大変かもしれないが慣れて勝手がわかってくると日常的にすぐさま使える事だろう。

 

以上バンコクでの就職ライフを満喫するためには上記の点を踏まえた上で部屋探しを行ってみてはいかがだろうか?ちなみに私であるが、上記の点を網羅して上でかつ馴染みの飲み屋にも最適な場所という部分も加味して部屋を決めたりしている。

 

いずれにせよ、選び方は千差万別なので、自分が大事だと思っている部分を重量視して物件は決めた方が良いと思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA