タニヤの金沢ゴールドカレーは濃い目のルーが特徴的なカレーライス店

Pocket

タニヤでカレーライスを食べるなら一体どこのお店で食べるカレーが美味しいのか?タニヤには色々な日本食が食べれるお店が軒並み存在しており、どのお店にもカレーライスというメニューは存在していることから、なかなか結論を出すのが非常に難しく、どこで食べてもカレーライスはある一定の水準のクオリティーを保っている為にこのお店が一番だ!という結論を出す事はなかなか難しいと思う。

 

そういえば、タニヤ界隈でカレーライスを専門に扱っているお店で、まだ一度も足を運んだ事がないお店があるということに気づき、今回そんなタニヤ通りにある金沢ゴールドカレーというお店に足を運んでみた。

 

img_3152

 

金沢ゴールドカレーはタニヤ通りだけではなく、スクンビットソイ39にも存在しているお店であり、バンコクでは2店舗展開しているお店だ。

 

今回はタニヤ店に訪れたわけだが詳しい場所は下記GoogleMapを参照して欲しい。

現在地
ルートを検索

 

タニヤ店は二号店に当たるということだが1Fは金沢ゴールドカレー店として、しかし2Fは別のお店、バーとして運営しているみたいだ。

 

WoodBallというバーの名前はバンコクに住んだことがあるなら各所で見かけた事があるという人も多いのではないだろうか。それだけWoodBallというお店は店主の人達も含め有名なお店だと思う。今回はとりあえずカレーライスを食べに来たということで、2FのWoodBallはまた後日行ってみようかなと思う。

 

img_3153

 

さて、金沢ゴールドカレーのメニューであるがサイズがSS~LLまで5種類のタイプで存在しており、自分の腹具合を考えて注文できるのはなかなか嬉しい計らいであり、女性にも優しいメニューだと個人的には感じた。

 

金沢ゴールドカレーの価格は160バーツ (約554円)~300バーツ (約1,039円)の範囲の価格帯であり、周辺の日本食店舗と比べてもそれほど差異感じる金額ではなく、スタンダードなお手頃価格かと思う。

 

img_3154

 

通常の単品のカレーライスに+50バーツ (約173円)でサラダとドリンクが付く。肉系のトッピングのカレーライスを頼んだ場合、サラダ必須だと感じるので一品ものでもこうしたサイドメニューがあるのは良いことだと思う。

 

というわけで、今回はチーズハンバーグカレーに+サラダセットをオーダーしてみた。

 

img_3158

 

一般的な通常のカレーライスと、この金沢ゴールドカレーの違いとは一体どういった差異があるのかということだが、あくまで私個人的な感想になるのだが、かなりルーの色が濃い目なのかなと感じた。

 

そして、カレーのルーは水分的な部分があまりなく『どろっ』とした印象のカレーライスだ。あとはカレーライスの中にぱっと見としてキャベツが乗っているの一風変わった盛り合わせであり、ルーでご飯部分を全て覆い隠すのが金沢ゴールドカレーの特徴であり、色々と後で調べた見た所これが金沢のカレーライスの一般的なスタイルだということだ。

 

img_3160

 

なんとも濃厚なルーとそれに乗っかっているチーズハンバーグの組み合わせを見てるだけでも幸せな気分になれそうな気がする。

 

肝心のお味に関してだが、まず辛さに関してはそこまで辛いという部類のカレーライスではないという事、老若男女、子供大人も食べやすい程よい辛さに仕上がっていると個人的には感じる味である。

 

今回は通常のMサイズの金沢カレーをオーダーしてみたのだが量的にも申し分ないと言えよう。ただし、がっつりと食べたいと感じているのであればLもしくはLLサイズをオーダーする事をお勧めしたい所である。

 

img_3196

 

ちなみに、スタンプカード制度を導入しており、カレーライス1皿に付き1スタンプ押してもらえるそうだ。5個でフリートッピング、そして10個でカツカレーが食べられるという事らしい。

 

まだ、一度しか足を運んだ事がないのでなんとも言えないがとりあえず他の金沢カレーも食べてみたいので引き続き機会があれば金沢ゴールドカレーには足を運んでみたいと思うのであった。

 

 

所在地: Silom 7 Alley, Suriya Wong, Bang Rak, Bangkok 10500
電話: 02 238 1134
営業時間 : 11:00~26:00 (L.O.25:30)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA