スクンビットソイ22で美味しいバーミー・ナムは週4通ってた大好きな味

Pocket

私がもし現地のタイ・バンコク屋台の記事を書くなら心に決めていた事がある、それは昔通いに通ったスクビットソイ22のバーミー屋台をまずは書いた上で他の屋台の記事も書こうと思っていたことだ。

 

少し昔の話をしよう、あれは日本から以前働いていた会社の先輩達が旅行でバンコクに滞在しに来た時のことである。

 

とある女性向けタイ・バンコクのグルメ雑誌に載っていた『ガイヤーン』が絶品のお店がチットロムあるということで、その雑誌には知る人ぞ知る!極上のガイヤーンが食べられるお店で、地元の人たちしかしらない隠れた名店という事で紹介されていた。

 

正直な所場所的に、随分変わった所にあるなぁと思った私は、一度面白そうだという事で私も一緒に同行させてもらったわけである。

 

場所は確かに隠れた所にあるというか、正直よく見つけたと感心する場所に、その絶品ガイヤーンのお店は構えていたわけだが、期待に胸を膨らませ、提供されるガイヤーンを待って、楽しみに食したところ・・・・・・

 

はっきり言ってごくごく普通のガイヤーンであった。

 

それはもう本当に、ふつーーーの只のガイヤーンであり特に目立った点は見受けられない、本当にどこにでもあるガイヤーンを名店という名で紹介しているという状況を知った時、割とガイドブックも参考にならないのだなと感じた次第であった。

 

むしろガイヤーンよりコームーヤンの方が美味かったのだが、しかし、美味しさの基準は人それぞれであり、好みも分かれるから、なかなかこういった飲食ガイドというのは難しい所なのだろうとは感じる。

 

そんな事を体験して以来、まず第一にタイ料理の場合は、自分が何度も食したお店であり、且つこのお店だったら再び通いたくなる、そういったお店を基本的には紹介したい考えている。

 

さて、というわけで、今回私がご紹介するお店はバーミーナムだけを提供しているお店であり、私が当時通ってた頃は、以前私の住んでいたサービスアパートの外の屋台で、路上店として出してたお店であり、ふと最近近辺を立ち寄ってみた所、なんと、家の1Fを借りて店内で食せる迄に成長していた、まさに知る人ぞ知るバーミーナムサクセスのお店だ。

 

IMG_2610

 

スクンビットソイ22の絶品バーミー・ナムのお店は下記Googlemap参照

現在地
ルートを検索

 

お店を切り盛りしているのはこのおばちゃん、メニュー等多分存在しない、ガラスケースに入れられたバーミーナム一点のメニューだけであり、そしてトッピングに豚焼きと、お好みでワンタンを追加してくれる本当にごくごくありふれたシンプルなバーミーナムである。

 

私にとってタイ・バンコクで食するすべてのバーミー・ナムの原点であり、味の優劣を決める上でかなりこのお店のバーミーナムと比べてどうだろう?という、そんな比較最上位のお店である。

 

IMG_2604

 

例えばこう言ったタイのローカル風味のお店を紹介する時に、行列が出来るお店だったり売り切れ続出でなくなったりするお店というのも、一つの重要な要素であると思われるが、このお店行列ははっきり言って出来る事はないだろう。

 

何故ならばBTSやオフィス街の中心にある場所ではなく、ひっそりと奥まったスクンビットソイ22にある事から、まず行列が出来るという事はほとんどないと思われる。

 

逆に言うと、BTSから徒歩圏内1〜2分やビジネスオフィスの中心の立地にある路上屋台等は、はっきり言って行列が出来るのはよくある事であり、付近に働いている人達往来が多いほど美味しいがどうか関係なく埋まる場所もある。

 

さらに人の手がたりてないわけだがら、少人数で運営していれば、人の往来の多さも相まって瞬く間に行列が出来る事だろう。

 

しかし、スクンビットソイ22のバーミーナム屋台は行列こそ出来ないお店ではあるが、割と売り切れになる事はよくあるお店である。

 

以前スクンビットソイ22に住んでた頃仕事帰りでお酒を飲んで帰ってきた時はふとバーミーナムをお腹に入れたい衝動にかられる事がある。

 

このスクンビットソイ22にあるバーミーナムのお店は以前は、営業時間は昼から開いているわけではなく、夕方から深夜1:00くらい迄の営業時間であり、その短期間で『もう、今日は全部なくなっちゃったから終わりよ』なんて言われるくらい周辺の人達に愛されているバーミー屋であると個人的には感じる。

 

私も本当にここのバーミーナムは大好きな味であり、以前は家から近い事もあり週4で通ってた事もある程食べ続けたお店の一つと言えよう。

 

そして、その私が通い続けて食していた大好きなバーミーナムがこちら

 

IMG_2606

 

非常に至ってシンプルなバーミーナムであり、私は大盛り・ワンタン入りでいつもオーダーさせてもらっている。

 

そんなスクンビットソイ22のバーミーナムの特記すべき点はスープにあると個人的には感じる。

 

私の中でのバーミーが美味しいと感じるスープの条件であるが、濁り系のバーミーよりも圧倒的に透き通っているスープのバーミーナムが大好きだ。

 

IMG_2608

 

はっきり言ってタイの麺系の料理をオーダーした場合、なかなか全てスープ迄飲み干すというのは困難なお店が多いと感じるのだが、スクンビットソイ22のバーミーナムのスープはすべて食べ終わった後名残おしくスープをすすっているうちに気がついたらすべて平らげてしまっているという、日本のラーメンさながらな後を引く絶品スープであると私は個人的に感じる。

 

IMG_2609

 

オプション追加のワンタンも良い具合に仕上がっており、是非ともこちらもトッピングしてフルセットで食して貰いたいそんなバンコクで私が一番オススメできるバーミーナムである。

 

実に1年半振りに足を運んだ私が愛したバーミーナム専門店。

 

ここでバーミーナムを作り続けている店主のおばちゃんから『あら、あなた久しぶりじゃない、今はどこに住んでいるの?新しくお店になって来たのは初めてよね?』といった風に時間が経って足が遠のいた後でも覚えてくれて少し談笑が出来るのは非常に嬉しい事である。

 

シンプルな絶品バーミーナムが食べたくなったら、是非ともスクンビットソイ22の奥まった所にあるバーミーナム屋へ訪れてみてはいかがだろうか?

 

 

私は、正直言って、引き続きここのバーミーナムを食べたい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA