タイ・バンコクの一般的な交通手段について詳しく解説する

Pocket

タイ・バンコクでは至所にタクシーが走っています


タイでは観光産業が盛んな事から、タクシーがかなりの勢いで発達しております。
さらに、初乗り35Bと日本に比べると圧倒的に安く長距離での移動をタクシーで行っても
それほど金額は掛からずに移動する事が出来ます。

 

タイのタクシーは主に個人で営んでいるケースと会社側に雇われているケースが存在しており、
個人タクシーに関してはよくトラブルを耳にする事があります。

 

・メーターを使わないで乗車させる
・乗車客に分からないように遠回りして距離と時間を稼ぐ
・改造メーターで過剰料金を請求する

 

等々

 

こういったトラブルが起きる背景として、上記に記載したようにタイ・バンコクでは初乗りが
大変安い事が原因とも考えられております。

 

しかし、上記の事を差し引いたとしても、観光で訪れた場合はタクシーをよく使うと思いますので
割り切ってそういったトラブルも旅行の楽しみとして嗜むか、
タクシーを使わないと言う選択もありなのかもしれません。

 

タイ・バンコク市内でのタクシーの乗り方を初心者の人にも分かりやすく解説
タイ・バンコク市内では至所にタクシーが走っておりバンコク市内の移動手段としては 無くてはならない主要交通手段のひとつです。 タイ・バンコクのタクシーは一般的には日本と同じメーター制を導

 

タイ・バンコクの移動手段タクシーの乗り方について詳しくは上記でご紹介

 

タイで近距離を移動するのであればバイクタクシーがお勧めの移動手段


15762679135_73800bd2a2_b
photo by flickr

タイでは日本違いバイクでのタクシーが車以外の交通手段として現地の人に大変良く使用されている。
背景としてバンコク市内は常に慢性的な渋滞に見舞われており、混雑時にはその渋滞の合間を縫って
移動出来る利点がある事から、時間に余裕がない時等使われる事が多い。

 

もしくは、それほど長距離を移動はしないのだけどちょっとそこまでといった状況の場合は
タクシーを使わずバイクタクシーを使う場合が多いであろう。

 

近場であれば料金的にもタイ・バンコク市内を走るタクシーに比べてたら安く済むというメリットではありますが、ある程度中距離以上を移動しようとなると、金額もタクシーを使用するより断然高くなる傾向にあるので
ケースバイケースでタクシーかモトサイか使用をわけると良いでしょう。

 

筆者もタイへ移住当初は良くバイクタクシーとタクシーには大変お世話になった主要交通手段です。

 

タイ・バンコク市内でのバイクタクシー(モトサイ)の詳しい乗り方はコチラで紹介

 

タイ旅行者向けにバンコク市内では至る所にトゥクトゥクが


6998519358_b030c4a13d_k

 

タイ・バンコクのイメージとして確率している交通手段として有名なのがトゥクトゥクと呼ばれる
東南アジア独特の乗り物ではないでしょうか?

 

こちらの移動手段は完全にタイ観光客向けの乗り物であり、一般的な移動手段として使用するタイ人は
それほどいなく、近場であっても交渉制の上に金額もタクシーやバイクタクシーに比べて
かなり割高になる事から高い事から、トラブルになりやすい乗り物ではあります。

 

しかし、初回初めてタイ・バンコク旅行に訪れた際には是非とも東南アジアの気分を満喫する為に
味わって欲しい移動手段のひとつである。

 

ただし、トゥクトゥクでは観光地を廻ってタイ旅行初心者を騙すと行った行為も見受けられる事もある事から
もし、トゥクトゥクに乗車する場合は詐欺等に遭わないように気をつけるようにしましょう。

 

観光客向けバンコク市内のトゥクトゥクの交渉の仕方や乗り方はコチラで詳しくご紹介

 

観光初心者の方はバンコク市内ではまずBTSを極めよう


 

バンコク市内限定ですが、高架鉄道がバンコク市内では通っておりBTSと呼ばれる乗り物があります。
主にスクンビットラインとシーロムラインに別れており、大抵の観光スポットであれば
こちらのBTSを使用すれば網羅出来るのではないでしょうか。

 

乗車料金も比較的に安く15~52THBの範囲で移動出来るので
時間帯によっては常に渋滞しているここバンコクではこういったBTSの登場によって
移動のストレスを緩和出来るとともに、現在では一般大衆向けの移動手段として確率しております。

 

乗車カードを通常は販売機にて購入して入場するのが一般的ですが、
近年ではRabbitカードなる物が存在しており(日本で言う所のSuicaみたいなもの)
予め料金をチャージしておけば、帰宅ラッシュ時等の混雑した時に販売機から購入する事を回避出来る事から
頻繁にBTSを乗る方はrabbitカードを作っておくと良いと思います。

 

バンコクの主要交通手段BTSの詳しい乗り方や路線図はコチラで紹介

 

BTS以外にも存在する地下鉄MRT


6822690493_9e698629c8_b

 

BTS以外にも日本で言う所の地下鉄がタイ・バンコク限定ではありますが存在しており、
MRTと呼ばれる交通手段があります。

 

バンコクのMRTの詳しい乗り方及び路線図はコチラで詳しく説明しています

 

スワンナプーム空港からバンコク市内へ移動するならARLが最安値


IMG_2774

 

基本的にBTSやMRTといった乗り物はバンコク市内を中心とした移動手段ですが、
それ以外にももう一つ、空港からバンコク市内迄直結されている移動手段があります。

 

それがARL(エアポートリンク)です。

 

BTSやMRTとは違い、車両が到着する迄の感覚がおよそ11分程であり、
バンコク市内を通っているBTSやMRTと比べると本数自体は少なく利便性には少し欠けますが、
タイ・バンコクでは常に渋滞している道路事情を考えると、荷物等が少ない場合は
空港からエアポートリンクを利用してバンコク市内へと移動した方が早く到着する上に、

 

タイのタクシートラブルにも遭遇する事もなく、タクシーでの移動に比べて
安くバンコク市内へ移動出来るので、ケースバイケースによって使用をしてみると良いでしょう。

 

バンコクのARL(エアポートリンク)の詳しい乗り方路線図はコチラから

 

少し中級者向けの乗り物市内バンコク市内バスについて


IMG_2815

 

タイ・バンコク市内・郊外では至所にバスが通っております。

 

基本的にはバスの番号によってルートが異なって来る上に存在する番号もかなり多くある事から
タイ旅行初心者の方がいきなりバスを使用して移動するというのは比較的には難しいとされております。
しかし、慣れればBTSやMRT・ARLやタクシーに比べたら圧倒的に安く長距離を移動出来る交通手段であり、
通勤時等一般的な生活を営んでいるタイ人には無くてはならない交通手段でもあります。

 

現在スマートフォンをお持ちの方はgooglemapをインストールしてルート検索でバスを選べば
現在地から目的の場所迄のルートを指定する事によって何番のバスに乗ったら良いかが瞬時に分かるので
一昔前に比べれば非常に活用しやすくなったものの、タイ語を喋る事が出来ないと、
バスに乗車した際に、車掌さんに『どこ迄行くのか?』を聞かれた時に答える事が出来ないので
最低限自分の目的地を伝えられるくらいのタイ語を身につけた上で乗車すると良いかなと思います。

 

タイ・バンコクの交通機関市内バスについての詳しい乗り方はコチラでご紹介

 

上級者向け移動方法バンコク郊外にてよく見るソンテウについて


IMG_2816

 

ソンテウと言えば個人的にはパタヤで多く流通しているイメージのある交通手段なのですが、
実はこのソンテウはバンコク郊外にも存在している貴重な交通手段であり、
通常タクシーで100THB掛かる距離だとしてもソンテウの場合なら7~8THBで向かえるという
現地の人達には無くてはならない移動手段だと感じます。

 

乗り方はバンコクを走るバスよりは簡単ではありますが、
それなりに多くのルートを通るソンテウが存在しているので一種の慣れが必要だと感じます。
しかし、何度か乗車を繰り返すうちに慣れてしまえば、タクシー等で移動するのが
勿体ないと感じるようになるでしょう。

 

しかし、ソンテウはタクシーみたいに24時間営業している訳ではなくて
朝の8時〜夜の8時位迄の時間帯が営業時間なので、それ以外の時間帯は
別の移動手段を使うと良いと思われます。

 

タイ・バンコク郊外での移動手段ソンテウの乗り方はコチラで詳しくご紹介

 

現地の人向けの移動手段バンでの移動について


IMG_2172

 

バンコク市内ではあまり見掛ける事はありませんが、少しバンコクの中心街から外れた所に
ロットゥー(バン)と呼ばれるワンボックスカーを見掛ける事があります。

 

正このロットゥー使用するのは現地に相当なじんでないと難しいと感じる事があり、
タイ旅行者の方が通常使用して移動するということは

 

パタヤや国境ツアーといった長距離を移動する機会以外は
まず乗る事はないバンコクの交通手段でしょう。

 

タイの現地人向け交通手段ロットゥーの詳しい乗り方はコチラでご紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です