夜は和風居酒屋スナック・フレンズ、名物日本人ママが楽しいソイ39にあるお店

Pocket

スクンビットソイ39 のソイを少し入った右手に日本情緒溢れる気さくで楽しい日本人の名物ママが切り盛りしているお店があるのをご存知だろうか?

 

そのお店のママは年中暑い気候の中でも欠かさず和服着物を身にまとい来店されるお客様をおもてなす姿勢は2020年オリンピック開催で掲げられたまさに『おもてなし日本』スタイルではないだろうか。

 

そんな名物日本人ママが切り盛りしているお店の名前はスナック・フレンズと呼ばれるカウンタータイプのお店であり、主にタイ・バンコクで働いている駐在員の方々が夜な夜なママと談笑したり、居酒屋料理をオーダーし楽しくお酒が飲めるお店となっている。

 

お昼のランチの時間も主に和食を中心に提供しているとの事だが、私はスナック・フレンズは基本的に夜しか足を運んだ事しかないので詳細な事は分からないが、200THBぐらいの価格帯でランチを提供しているとの事らしい。

 

機会があれば是非とも一度食してみたいものである。

 

スクンビットソイ39にあるフレンズの場所は下記googlemap参照

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
Google Mapsルートを検索

 

IMG_1833

 

カウンタースタイルのお店という事で、一つ長いテーブルが奥まで続いており、カウンター越しにメニューを見ながら、その日のお勧めメニューをオーダーすると良いだろう。

 

ちなみに、スナック・フレンズでは裏メニュー的な一品料理も数多くあり、日本からの馴染みの方達がトランスポーターした新鮮な食材を等を使って即興で料理にしてくれたりもする、面白い趣向のお店である。

 

なので、訪れた時期によってそういった特殊なメニューも食べられるのがこのお店の醍醐味であり、なかなかバンコク生活で食せない漬物等食べられた日には満足感に浸れる事だろう。

 

そういった、特殊なメニューは通常のお品書きには書かれておらず、大抵お店のカウンターの所の黒板に書き出されているので訪れた際には是非とも確認してもらいたいところである。

 

IMG_1829

 

スナック・フレンズのお通しは非常に凝られた盛り合わせであり、いつも違ったお通しが出てくるのが特徴的だ。もちろん味は言うまでもなく美味である。

 

駆けつけにビールと合わせてゆっくりと味わいながらオーダーした料理を待つ繋ぎとして食すると良いだろう。

 

IMG_1835

 

さて、そんな中私は定番の納豆をいただく事にしたわけだが、大量に掛けられた刻み海苔で納豆が見えないが、かなりの大盛り仕様にして頂けた模様で、納豆好きとしては堪らない。

 

そういえば、タイ・バンコクに来て納豆はわさびを混ぜて食べても美味しいという事実が知れた事は私の納豆人生中でも衝撃的であり、まさに目からウロコである。

 

納豆といえば、しょうゆ、からし、ねぎと言った定番の組み合わせが当たり前と思っていた私の固定概念を打ち破り、攻めの納豆へのわさびがこれほど美味しいとは・・・合わせてとろろが入っていた日にはもう・・・それだけでご飯3杯はいけそうな勢いである。

 

と、まぁ、納豆の事を書くと淡々と描き続け終わりが見えなくなるのでとりあえず置いておこう。

 

いずれにせよ、ボリューム満載な納豆はバンコク性格においては貴重な栄養分である事には間違いない。

 

IMG_1837

 

こちら、揚げたて出来たてのコロッケであるが、なんとも香ばしい香りとサクサク感がたまらない。

 

是非とも熱いうちに召し上がってもらいたい一品料理であるといえよう。

 

IMG_1839

 

カルシウムが不足しがちな所のサンマの塩焼きである。

 

そういえば秋刀魚を食べたのはタニヤの浪花以来であろうか?肉中心の生活になりがちなバンコク生活であるが、こういったカルシウムをしっかりと摂取できるメニューはサラダ同様に非常にありがたいと感じる。

 

タニヤのお昼の友・浪花でランチを食べるなら秋刀魚定食でカルシウム補給
人間は常にすべからく他の生き物の生命を頂いてる生き物であり、毎日の食生活というのは自身の健康を最善に保つ為にはしっかりと気をつけなければならないと30代後半にさしかかろうとしている今、色々な方から助言

 

先ほど頼んだ納豆、そしてご飯と合わせて食べれば懐かしい日本の朝食の味を思い起こせそうであり、子供の頃おばあちゃんに伝授された魚の綺麗な食べ方講座を思い起こしそうだ。

 

そんな事を想いふけっていると、スナックフレンズのママが気にかけて色々と話をしてくれる。

 

幅広い経験を積んできたスナック・フレンズのママの話はワンランク上を行く淑女の会話術であり、合わせてお酒が進む事も請け合いではないだろうか。

 

仕事で疲れた後、雰囲気を感じれる大人の時間が過ごせるスナック、そんなお店がスクンビットソイ39にあるので興味ある方は是非とも一度足を運んでみてはいかがだろうか。

 

ちなみに、こちらのスナック・フレンズが大人の雰囲気を醸し出すお店であれば、以前紹介したスクンビットソイ23方面にあるAQUAはまさに対を成す若者向けのバーと言えるだろう。

 

AQUA23は20代の若者が集まるスクンビットソイ23にある深夜営業のバー
ある程度年齢を重ねて来ると、やはり年齢相応のお店へと行く事の方が多く、なかなか今の20代の若者が行くような場所というのは足を運ぶ機会が年を重ねていくにつれて少ないのではないかと感じるこの頃ではあるが皆

 

いずれにせよ、自分の感性が合うお店へ足を運んだほうがきっと楽しめるのではないだろうか。

 

住所 : 10/7 soisukhumvit39 Khlongthan-nwa,Watthana ,Bangkok 10110
営業時間 : 昼11:30〜14:00 夜17:30〜24:00
定休日 : 日曜日
電話 : 02-108-6896、089-884-3507

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です