スクンビットにあるイタリアン酒場ザ・ばーるはサービス味ともに最上級

Pocket

タイ・バンコクの日本人がよく行きそうなレストランはどこか?という事を考えた時ふと思い浮かぶお店がスクンビットソイ33に存在している。

 

そのお店の名前はイタリアン酒場ザ・ばーるというお店であり、以前ご紹介した駐在員の方達が夜な夜な集う隠れ家的お店ヤカンの隣であり、私のクライアントさんがイタリアン料理が大好きな事から度々こちらのザ・ばーるのお店には足を運んでいる。

 

駐在員が集う隠れ家的日本居酒屋スクンビット・ソイ33にある『イザカヤ・ヤカン』へ
タイ・バンコクには実に世界中の料理が気軽に楽しめる街であり、 ローカルから高級店までピンキリに楽しい食事ライフが送れる街だと思う。 今回ご紹介するお店は日本人が知る人ぞ知る! そんな

 

ザ・ばーるはヤカン同様こじんまりとした隠れ家的なお店であるが、1Fはカウンター席、そして2Fは個室として分けられてるお店であり、駐在員の方の来店が多く見られるお店である。

 

ザ・ばーるの場所は下記マップ参照

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
Google Mapsルートを検索

 

お店のメニューはイタリアンを基本として構成されたメニューであり、すべて日本語できちんと表記されているので初めて訪れる観光客の方にも気兼ねなくお店に足を運べる事だろう。

 

最近釜を新設したという事でこれからはピザが非常にうまい店として取り上げられるのかもしれない。

 

直火釜での焼きたてピザは想像しただけでも旨そうな気配がプンプン漂っていると感じる。

 

IMG_1120

 

こちらはその直火釜で焼かれた焼きたての食べ物、酔っ払いすぎてメニュー名は忘れたが焼きたてホクホクを食するのは何よりも生きていて幸せを感じる瞬間である。

 

そう、冷めたらどんな食べ物も美味しさは半減であり、焼き上がりがすぐさまに席に提供されて食せるのは店内の店員のサービスの質が高いのだと感じる部分の一つであろう。

 

IMG_1118

 

本格的なイタリアンレストランはスクンビットに関してはそれほど多くはないが、しかし、スクンビットソイ33の奥まったところに存在しているザ・ばーるはまったりとお客さんと食事を嗜むには最適な環境が用意されていると言えよう。

 

ざ・バールで非常に面白いと感じたメニューがある。

 

それはこちらのパクチーを使いまくった特製のサラダ

 

IMG_1119

 

大皿にこれでもか!と並々にもられるパクチーと合わせて野菜や肉などをアクセントとして盛り込んだこのサラダ、パクチーが苦手な人には拷問の味ではないか?と思われるかもしれないが、なんとこのパクチーサラダ、どういう調理法かはわからないが、パクチーのあのきつい成分がかなり緩和されている工夫が施されており、かなり優しい味になっていると一口食べて分かるだろう。

 

いつも大皿に2名分くらいの分量で出てくるこのサラダだが、毎回完食である。
パクチーが苦手な方でも本当に食べられると思うので是非騙されたと思って食べてもらいたい一品であろう。

 

IMG_1122

 

もちろん、イタリアンレストランという事でワインの種類も豊富であり、価格帯もお手頃な価格から取り揃えているお店であり、よくわけありワインとしてメニューに記載されている『G』という白のワインが私は個人的には非常に大好きである。

 

お値段も1000THB以内なので夫婦二人で一本気軽に開けたりするも良いだろう。

 

さて、味もさる事ながらイタリアン居酒屋ざ・バールの最大の魅力とは働いてるスタッフのサービスなのではないかと感じる事が多々有る。

 

現在カンターにて接客してくれる方はタイ人ではなく、ネパール人の方ともう一人の外国人の方が接客にあたってくれて実に細かいところに行き届くサービスを提供してくれているところが、ある種のリピーターを生み、日夜駐在員の方でも男一人で足を運んでカウンターで談笑できるお店なのだろう。

 

このお二方のスタッフはお二人ともタイ語・英語が堪能であり、どちらの言語で話しかけてもそれに対する返答はしっかりと答えてくれるくらい流暢にレスポンスを返してくれる。

 

そして、こういったイタリアンレストランには欠かせない、隠しワインもあり、メニューには記載されてないが、今日のスペシャルワインはあるかどうか?もしくはメニューに記載されてないワインは他にあるか?等聞いてみるとストックがあれば、もしかしたら提供してくれるかもしれない。

 

IMG_1123

 

こういったその日によって提供されるワインが変わるお店、イタリアン好きな人には日夜の楽しみとして今日はどういったお酒が飲めるのか?今まで自分が味わった事ないワインが飲めるのではないか?そういう気持ちでお店に通う感じも長く来店しているお店であれば日々に変化があり、リピーターが増える要素の一つとして愛されるお店であると私個人的には感じるのであった。

 

住所: 4/20 Praphai Phak Alley, Khlong Tan Nuea, Watthana, Bangkok 10110
電話:02 258 4844
営業時間:

本日営業 · 17時00分~0時00分

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です