デートでも使えるバンコク・アソークにある高級タイ料理レストラン・ロングテーブル

Pocket

私がタイ・バンコクでもっとも印象に残っているタイ料理のレストランがBTSアソーク駅近くのスクンビットソイ16に存在している。

 

そのお店の名前はロングテーブルというコラム・バンコクのホテル内26Fに存在するバー&タイ料理レストランのお店であり、ファラン系の客層からタイ旅行を楽しんでいるその他外国人、さらにはバンコクの芸能人達にも人気博しているレストランである。

 

地図は下記googlemap参照

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
Google Mapsルートを検索

 

私がこのアソークのロングテーブルに足を初めて訪れたのは今から約5年前の話になるであろうか。

 

タイ・バンコクへ移住した当時、知り合いの旅行に来ていた友人がタイ人女性と食事に行くという話があり、私もその当時同行させてもらい、四人でこのロングテーブルというお店で楽しんだ思い出もあり、今でもたまに足を運んで外国人の口に合わせた高級タイ料理やカクテル等味わったりする事もある。

 

IMG_0084

 

なぜ、このレストランはロングテーブルという名称なのか。

 

それは店内に通されるとわかると思うが、オーダーメイドのどでかい一本のテーブルが中央にドンと構えている作りであり、大人数のパーティーでも使えるくらい圧倒される大きさのテーブルがあることからロングテーブルという店名になったのだと推測する。(あくまで推測)

 

ロングテーブルでは室内席、そして外の夜景を見ながら食べれる席が選択でき、天気が良く程よい気候の時であれば、私は迷わず外の席をお勧めするだろう。

 

以前紹介したスクンビットソイ57のマリオットにあるルーフトップバー程ではないが、ロングテーブルでも眼下に見えるアソークの夜景を楽しむのも個人的には悪くないと感じる。

 

バンコク・スクンビットソイ57のマリオットにあるループトップバーは最高の夜景
先日バンコクのスクンビットソイ57の入り口付近・マリオットホテル48階に存在する ルーフトップラウンジバー・オクターヴへクライアントさんと足を運んできました。 場所は下記のgoogle

 

そして、できることであれば、女性とデートで使うというのもマッチしているお店であり、大切な人がいる方は是非とも予約して訪れてみると良いかなと思う。

 

デート目的とはまた別に、バンコクの地でタイ料理が初めて観光者・お客さんにも私は是非ともこのロングテーブルをお勧めしたい、なぜならば、屋台等のタイ料理を出すお店と違ってロングテーブルのタイ料理は外国人を意識した調理の仕方で作ってくれる為に、通常屋台では激辛な料理でもマイルドに仕上げてくれ非常に外国人でも食べやすく調理してくれると感じる。

 

もちろん、激辛好きの方は普通の辛さでだしてねと伝えれば本場のタイ料理も味わうことができるだろう。

 

IMG_0085

 

立地も非常に良いスクンビットソイ16という場所
アソークはバンコクスクンビットの中心の地であり、待ち合わせを行う上でも人の往来が多いがそこからまたどこかへというのは車さえ使わなければ比較的に移動しやすい場所であり、シーロム方面、オンヌット方面、ラマ9方面へとバンコクの中心街にはどこにでも繋がっているスポットであり、ロングテーブルで食事をした後は各々バーであり、夜遊びスポットであり、繰り出すには最適な立地であろう。

 

IMG_0086

 

ちなみにドレスコードはスマートカジュアルである。

 

サンダルや、ハーフパンツ等で来店は拒否される恐れがあるので、この辺りは紳士的な服装で臨むと良いであろうと思われる。

 

住所: 48 Column Tower Fl.25. Soi Sukhumvit 16, Klongtoey noe, Wattana, กรุงเทพมหานคร 10110
電話:02 302 2557
営業時間: 本日営業 · 17時00分~2時00分

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です