パソコン使用歴20年のベテランが推薦する最高峰のマウス3選

Pocket

PCを日常的に使用しているなら、呼吸をするのと同じくらい使用する頻度の高い周辺機器『マウス』。

 

人によっては気にしないで1000円くらいの物を使っている人もいれば、お金を掛けて自分自身にフィットするマウスを求める人様々だと思いますが、私はマウスに関してはこだわりが昔からあり、長く愛用する物であればお金を出しても自分の納得するものを求めるタイプの人間です。

 

そんな私は仕事やプライベートでPCを使用してはや二十年という月日が経とうとしているわけですが、時間にして毎日10時間以上触っているわけですからこだわりも人並み以上出てくると言った感じでしょうか。

 

今回は通常のタイのお話とは少し趣向を変えてPC愛用者が本当におすすめするマウス3選ということでご紹介していきたいと思います。

 

おすすめマウス第3位 Magic Mouse 2


 

 

私は長年WINDOWS愛用者だったのですが、ここ四年でWINDOWSからMacBookAirへと移行しまして、それに伴って使用したのがこちらのMagic Mouse2です。

 

見たい目のシンプルさ、デザインの良さは言わずもがなさすがのApple製品なわけですが、機能的な面においても使用していてストレスをそれほど感じない思える出来であるので、おすすめしたい一品です。

 

現在進行形で三年このマウスを使用しておりますが、Magic Mouse2の扱いの良い点としてあげられることはまずは、指スクロールによる制御の秀逸さがあげられるかと思います。

 

通常のマウスであれば、ほとんどのマウスは縦スクロールのみの対応となっているのですが、Magic Mouse2の場合はマウス自体の外面がマルチタッチセンサーなので、指による制御で横スクロールにも対応仕事での部分に置き換えると例えばエクセル等の表計算ソフト等の横スクロールに対するスムーズな移動はマウスの操作に慣れてしまえば、引っ掛かりを感じることなくナチュラルに扱えることから秀逸だと言わざる得ません。

 

さらに、下・横への高速スクロールも従来のマウスに比べて必要最低限での操作でスムーズに行えるので、手への負担も軽減されると思います。

 

さらに、レシーバーいらずのBlueTooth接続マウスという点。

 

通常のワイヤレスタイプのマウスであれば、ほとんどの機種はレシーバーが必須となっているわけですが、MagicMouse2は受信側のレシーバーがいらず、BlueTooth対応のPCであれば即時接続可能と言った点が素晴らしいと思います。

 

これは、MagicMouse2を持ち運びするという点で大変優れており、受信レシーバーは小型な為にふとした時になくす恐れがあるので、そういう紛失の心配をしないで良いという点においては他のレシーバー付きマウスを遙かに凌ぎます。

 

というわけで、通常マウス操作に慣れている人であれば、最初の数日は違和感があるマウスですが、慣れればスムーズにセンサーを活用してストレスなくマウスを操れると思います。

 

しいて、このMagic Mouse2マウスの欠点をあげるとするならばまず1点目は、Mac特有の左クリックと右クリックの存在がないタイプのマウスなので、右クリックでタブを開いて操作をしたいと言った場合、通常の左クリックシングルクリックという認識になってしまう事が稀に存在するのが個人的には微々たるマイナス点。

 

使用して二年と半年程経ちますが、いまだにごくたまにこの誤動作は作動させてしまいます。

 

仕事をするのであればAppleのMagicMouseは大変便利ではありますが、ゲームをするという点に関しては、おすすめ出来ないマウスと言えます。

 

理由はマルチタッチセンサーがゲームの微妙なスクロールの動きに対応してない為。

 

通常のMMOであればさほど困らない微々たる部分なのですが、これがFPSやゲーム内のスキルカーソルをマウスホイールでの制御で行なっている場合、噛み合わずに所定のスキルに止まらないという事があり、コンマ1秒を争うFPSとかでは、致命的な誤動作となるので、ゲームをやりたいと思っている人は別のマウスを使うことをお勧めします。

 

 

おすすめマウス第2位 Logicool MX Master


 

 

PC周辺機器メーカーでLogicoolと言えば、長くPCを使用している人であれば自ずとたどり着くマウス界の最高峰とも言っても過言ではないメーカーの一品Logicool MX MASTER。

 

まずはじめに言っておきますが、心地よい最高のフィット感/操作性の高いマウスを購入するならLogicool製品一択です。ガチで。

 

今回紹介する製品ではありませんが、この1世代前のマウス、PCのマウス界に革命をもたらしたマウスが存在するのですが、Logicool MX REVOLUTIONというマウス。

 

 

このMX REVOLUTIONの後継機MASTER MXはユーザーが待ち望んだ伝説の機能を受け継ぐ後継機となっています。

 

今回MX MASTERになってから機能が倍増しています。

 

まずは、以前から好評だった可変式高速スクロール対応。マウスホイールがマウスをスクロールする速度に対応してスピードが変化します。

 

厳密な1スクロールを行いたいといった操作から、エクセル等の一気に下に行きたいという高速スクロールへの対応、この辺りは通常のメーカーのマウスではまずない機能であり、マルチタッチセンサーのMagicMouse2の操作感を行いつつ繊細なスクロールにも対応というまさにいいとこ取りな機能です。

 

通常のマウスであれば、左クリック、右クリック、マウスホイールといったこの3点のみなのですが、MX MASTERはさらに横にサイドホイールとボタンを搭載。

 

サイドホイールは横スクロールへの対応。サイドボタンは例えばブラウザの戻る、進むボタンへの対応と、指の操作だけで一アプリの時間短縮が可能となっています。

 

マウス界の最高峰のマウスと言っても過言ではないMX MASTERは長時間PCを使用する人には最高のパフォーマンスを与えてくれるマウスだと思います。

 

唯一の欠点としてあげられるのはマウス本体がそれなりにでかいことから、持ち運びに向かないかな?と思うことの一点のみ、それ以外の操作に関しては完璧と言ってもいいほど素晴らしいマウスだと思います。

 

 

おすすめマウス第1位 Logicool M705t


 

 

そして、PC使用歴二十年の私が本当にお勧める一品のマウスとしてあげられる堂々の1位は同じくLogicoolからM705tです

 

MX MASTER同様の高速スクロール対応、サイドの戻るボタン・進むボタン対応といった機能を網羅。

 

わかりやすく簡潔に伝えるのであれば、MX MASTERの小型版といった機能を搭載しており、つまり持ち運びに難点だったMX MASTERのサイズと機能をいいところだけ残してコンパクトにして、手軽に持ち運びを可能にしたマウスがこのLogicool M705tです。

 

価格もMX MASTER の1万3000円する価格からも価格を落として手が出しやすい五千円代のプライスもまた良い価格帯であり、下手な1000〜2000円前後のマウスを買うなら長く使用するということを考えても確実にこのM705tを買うべきだと私は思うくらい本当に一押しできるマウスだと思っています。

 

 

マウスにお金をかけるならLogicoolマウスを買っておけば間違いなし


 

というわけで、今回は仕事もゲームも捗るおすすめなマウスをご紹介したわけですが、本当にLogicoolのマウスは素晴らしいの騙されたと思って是非とも買ってみてください。

 

かなり本気でLogicoolのマウスの使用感を味わってしまうと他のマウスには手が出なくなるマウスなのでちなみに私のマウス歴ですが、MX REVOLUTION 2台、Logicool M705t 2台, Logicool M325といった使用暦となっております。

 

あとは、Logicool Japanのサポートセンターの対応もよく、何か不備が出た際にサポートに電話して、送ればマウス全交換で新品を送付してもらえる神対応なのでそういった部分でも安心して使えるメーカーだと私は思えます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA