海外タイ・バンコクで英語音声だけど映画館で映画を観に行く3つの理由とは

Pocket

海外の地タイ・バンコクでは娯楽として映画館が大抵の大型ショッピングモールに導入されており、老若男女お手軽に楽しめる一般大衆向け娯楽である。

 

タイで劇場公開される映画は日本の映画以外は英語字幕タイ音声、もしくは英語音声タイ語字幕になるわけだが、第一言語として英語を学習してないと聞き取りに困難にはなる為に映画の本質を100%理解出来るわけではないが、それでも私はタイで、なにかしら公開となる洋画があれば、自分が見たい映画と感じるものであれば、公開直後に閲覧したりすることもある。

 

なぜ、わざわざ100%理解映画を見に行くのか?今回はそんな私のライフスタイルとして欠かせないタイ・バンコクでの映画の楽しみご紹介したいと思う。

 

1.タイの映画は日本の映画館に比べて圧倒的に金額が安いと言う事


 

上記の映画の価格はバンコクの有名ショッピングモールMBKの映画館での料金である。

 

通常の席であれば、ご覧の通り価格は140THB~170THBの格安価格で映画を楽しむ事が出来るのは例え英語音声・タイ語字幕であっとしても、非常に魅力的なお値段ではないだろうか?

 

さらに、MBKの場合だが、映画DAYなる日も設けられており、100THB(約300円程度)で見られると言うのは実に魅力的であると言わざる得ない価格設定であると思われる。

 

これが、日本の劇場であれば通常の映画館であれば1800円くらいする事から、およそ、5/1くらいの価格で大スクリーンで大迫力の映画が楽しめると言うわけだ。

 

 

さらに日本と違う点として、東京都内とかでは導入はされてはいるが、様々なシートタイプが選べるのもまた、タイ・バンコクで映画を観る為の魅力の一つだと言えるだろう。

 

カップル専用のシートもあるなど自分のスタイルに合わせて席をチョイス出来るのは非常に柔軟に娯楽を楽しめる対策を施しているのだなと感じる。

 

ただし、通常の映画料金に比べれば割増料金となるわけだが、そもそも元々映画料金が安いことから、デート等の時にはカップルシート等を使用するのもたまにはいいのかもしれない。

 

 

2.日本に比べてタイは洋画の劇場公開が早い映画もある


 

 

これは映画好きには堪らないのではないだろうか?

 

公開もアメリカ等で公開されるタイミングでタイでは洋画が公開される事から、日本より先駆けて洋画を観る事が出来る事もタイで映画を観る魅力の一つだと私は感じる。

 

2017年10月末現在、劇場で公開されている映画として、GEO STORM

ブレードランナー2049。

フラットライナーズが挙げられる。

GEO STORMに関しては日本劇場公開は2018年1月末,ブレードランナー2049は2017年10月27日公開、旧作フラットライナーズリメイク版に関してはまだ日本の公開は決まってないと言う事もあり、日本に先駆けていち早くタイでは洋画を観る事が出来るのである。

 

日本より先駆けて一足先に英語音声ではあるが、洋画を視聴出来ると言うのは、映画ファンには嬉しいことではないだろうか?

 

 

3.海外の地タイだということを肌で実感する事が出来る。


 

タイの映画館では日本とは違い本編視聴前に必ず流れる映像があるのをご存知だろうか?

 

タイでは本編前にタイ王国の国王の映像が流れ、その際には外国人であれば必ず直立でその映像が流れ終わるまで立ってなければいけないという文化があり、肌で異国の文化に触れれる良い機会であると言えよう。

 

もちろん、外国人であろうがこういった所では郷にいれなければそれは不敬となり、厳しく取り締まりを受けるような事も時にはあるかもしれないが、個人的な感想としては、色々な国の風習があるのだなぁと感じるとともに、タイ王国における国王様の絶対的な信仰を垣間見る事が出来る機会であると言えよう。

 

洋画を格安でいち早く視聴出来る上に、タイ王国という風習も味わえるタイでの映画視聴。

 

もし機会があれば、こういった経験をしておくのも何かしら自分の将来の糧となるのではないだろうか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です