バンコクの8番ラーメンは格安で昔懐かしい日本のラーメンが味わえるチェーン店

Pocket

バンコクのロータスといった大手ショッピングモール内でチェーン展開している有名なお店8番らーめん。

 

バンコクでショッピングモールに足を運んだことがある方であれば、一度くらいはその店舗の名前を見かけたことがあるのではないだろうか?8番ラーメンとは日本国内でも百店舗以上進出しているラーメンチェーン店であり、タイにも1992年に進出をし、現在ではタイ全土で約120店舗展開している人気のラーメンチェーン店である。

 

元々日本の8番ラーメンで働いて居たタイ人がタイでも8番ラーメンを展開したい!という強い情熱をと希望を語るタイ人スタッフに打たれタイへと出店が決まったと以前人づてに話を聞いたことがあるが定かではない。

 

今回はたまたまMBKで使用があった為に、MBK内の8番ラーメンにお邪魔させて頂いた。

 

 

私もタイへ移り住んだ頃に、8番ラーメンは大変お世話になったお店である。

 

私が住んでいたアパートの近くに一般大衆向け大型ショッピングモールBiG-Cがあり、買い物がてら帰りによく彼女と8番ラーメンで夕食を食したものだ。

 

8番ラーメンの客層は若年層からお年寄りまで実に幅広い年代に愛されているお店だと訪れると感じる事だろう。

 

仕事帰りのOL、学校帰りの学生、買い物にきたお年寄り等等、さまざまな人たちがこの8番らーめんに訪れている。

 

 

8番ラーメンの魅力といえば何と言っても格安で日本味のラーメンが食べられるという点ではないだろうか?今でこそ格安路線の日本式ラーメンと言えば鶏そば七星ラーメンが挙げられるが、七星ラーメンが現れる前で格安ラーメンと言えば8番ラーメンであった。

 

スクンビットソイ33の鶏そば七星で新メニューの味噌ラーメンを味わう
程よく酔った後には深夜食堂にて腹を潤すのが私の中では定番なコースである。 先日はスクンビットソイ24/1に移転した青龍ラーメンにお邪魔してきたが、今回はスクンビットソイ33にある低価格で

 

タニヤ通りのコンテナに進出した鶏そば七星らーめんをお持ち帰りで食してみた
タニヤ通りに新たに日系らーめんが先日オープンしたようだ。 トンローやスクンビットソイ33にも進出しているお店であり、ぎりぎりまで価格帯を抑えた日本式のらーめん、鶏そばで日本人・タイ人とも

 

久々にスクンビット・ソイ33にある深夜もやっている鶏そば七星らーめんへ
前回はトンロー本家の七星らーめんにて、おすすめの台湾まぜそばを食してきたわけだが、味の方はピリッと辛い味付けであり、日本人タイ人とも食べやすいだろうと思われるメニューであった。 いずれに

 

念願の鶏そば七星らーめん、スクンビット・トンロー店へオススメの台湾まぜそばを食す
かなり久々にトンロー界隈に足を運ぶ事が出来、念願のトンロー店鶏そば七星ラーメンへようやく足を運ぶ事ができました。 スクンビットソイ33(プロンポン店)は、数度通ってはいるものの、本店であ

 

8番ラーメンは鶏そば七星と比較してもメニューの種類も多く、そして、大型ショッピングモールにて出店している事から、価格帯が高い他のラーメン店舗に比べても気軽に訪れられるファミリーさを打ち出せたのは間違いなく8番ラーメンの功績と言って良いのではないだろうか。

 

 

 

さて、そんな久々の8番ラーメンでオーダーしたメニューはシンプルに餃子セット(155THB)を今回はオーダーさせて頂いた。

 

餃子セットはらーめん、餃子、そしてドリンクが付いているスタンダードなラーメンセットである。

 

 

オーダー後、ほどなくして、届いたこちらの餃子セット。

 

早速、ラーメンから味わせて頂いたわけだが、一口食べて感じたこととして、なんだか非常に懐かしさを覚えるラーメンだなという事を久々に食しての感想を抱いた。

 

 

近年でもラーメンはかなりの種類があり、お店独自の路線を行ってるラーメンもある中、8番ラーメンのらーめんはシンプルイズベスト。

 

スタンダードの中のスタンダードなラーメンであると感じ、そう、あれは自分が小さい頃どこかで味わったようななんとも言えない昔懐かしさを想い起すような味であると私は個人的に感じたのである。

 

もちろん、そういった昔馴染みの味というのは近年の亜種が多く存在するラーメンの中では型遅れなのかもしれない。しかし、だからこその昔味わったあるような味わいをタイでも20年提供し続けているのは一種のこだわりなのではないかと感じた次第である。

 

 

そして、こちらはシンプルな餃子。
餃子に関しは別段特記するようなことはないが、しかし、是非とも8番ラーメンと合わせて食して頂きたい1品であると言えよう。

 

 

店内に掲げられた日本語での8番ラーメンの心意気。

 

なるほど8番。その言葉には非常に納得いくクオリティの味であり、シンプルでどこか懐かしいそんなラーメンがふと食べたくなったら私は再びこちらの8番らーめんへと足を運ぶだろう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です