【1日目-Swift4.0】iAppアプリ開発をして行こうかなと思い立ったので学習開始

Pocket

タイネタとは全く異なる路線の話ですが、今月今年の誕生日を迎えまして、ある種区切りの齢35という年齢になりました。

 

年齢を重ねていくと、新しく物を覚えていくことが億劫になっていくわけですが、以前から兼ねてずっと手を出したいと思っていたiApp開発に乗り出したいなぁと思い、この機会にブログもあることですし、学習のメモとして残しておきたいかなと思います。

 

タイ関連のネタとしては全く異なる内容な為に全くもって面白くないコンテンツとなる上に通常のタイネタとはかけ離れてるんでタイ情報を閲覧したい方はスルー推奨という事で一つよろしくお願いします。

 

目標としては、現在運用している自作WEBサービスをiApp迄持っていければなと思っています。

 

欲を言えばゲーム作りたいですよね(笑

 

まぁ、それは最終目標という事で、まずはiAppの開発として必要となるものはまずMac環境が必須ということですが、この辺りは昨年度に購入したmacbookAirで対応。

 

 

私が使用しているMacbookAirのスペックはCPU:i5 Memory 4GB HDD:126GBと開発環境としては多少心伴いスペックではありますが、こちらにアップルストアからXcodeをダウンロードして開発を行なっていきます。

 

 

容量はHDD13GBくらい必要なので余裕を持ってインストールしておきましょう。

 

WEB系の開発環境では最新ヴァージョンとかあんまりこだわりがなかったんですが、iAppの場合は毎年機種やOSのアップデートが頻繁にある為に常に最新の環境を維持する必要があり、MacBookのiOS自体も常に最新に保っている必要があるみたいですね。

 

 

 

まずは基本的なSwift4.0言語の書き方を学ぶ為にGet started with a playgroundでファイルを作成、その際にあらかじめ格納フォルダを作成しておき、そこに作成したファイルを保存しておきます。

 

というわけで、環境も手に入れた事ですし、学習スタートというわけで、ネット上でiAppのSwiftを学ぶ上で便利そうなサイトがいくつかあったのでまずはそのサイトを見ながらサンプルソースを構築していきます。

 

以下参考資料サイト

ドットインストールSwift講座

swift3 プレイグランド

社畜系WEBエンジニアの消耗戦

WebProgrammingPrimer

 

とりあえず、適度にgoogleで調べてたら引っかかったので、メモ的な意味も込めて初心者でもソースコードが乗っててすぐコードがかけて実践できるサイトをピックアップしておきます。

 

[php]

//ハローワールド出力
print("Hello World")

[/php]

 

定番のまずはHello Worldから、phpと違い最後は;で締めなくて良いので楽ですが、それはそれで慣れていると違和感がありますが、これから数多くソースと向き合っていけば時期に慣れる事でしょう。

 

というわけで、1日目は開発環境を整えて、プログラムの初歩となるHello Wolrdの表示迄、果たしてiAppが動く日が来るのかどうか神のみぞしるですが、継続して勉強開発は行なっていきたいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です