バンコクで韓国焼肉を食すならスクンビットプラザで韓国焼肉を食べに行こう

Pocket

バンコク・スクンビット通りアソーク付近はバンコクの中心的な場所とも言える場所であり、交通もBTSとMRTが交差する立地の良い場所である。

 

そんなスクンビット通りアソークから徒歩3〜4分の場所に韓国人街があるのはご存知だろうか?韓国人街の名前はスクンビットプラザという場所であり、1Fは韓国マーケットそして、韓国焼肉店、上層階は夜遊びスポットとして、ナイトバーや韓国カラオケが存在しているいわばアミューズメント施設でもある。

 

今回は、韓国焼肉を食してみようというわけで、スクンビットプラザへと足を運んだのである。

 

スクンビットプラザの詳しい場所は下記GoogleMap参照。

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
Google Mapsルートを検索

 

さて、スクンビットプラザに存在している韓国焼肉店舗であるが、上層のカラオケクラブが深夜迄営業を行っていることから、お店によっては朝5時迄営業している韓国焼肉店舗も存在している。

 

なかなかこの時間帯迄外国系の飲食店が営業しているのは稀ではないだろうか?

 

スクンビットプラザの韓国焼肉で有名なお店といえば、JONWONGといったお店が比較的によく旅行者も訪れる韓国焼肉らしいし、現地のタイ人の方達にも知られているお店だ。

 

しかし、今回は少し冒険をしてみようと思い、スクンビットプラザ奥の韓国焼肉へと足を運ぶのだった。

 

 

というわけで、ハンガンというお店へと入店。

 

こちらのお店は朝5:00迄営業しているとのことだ。

 

韓国焼肉のスタイルとして、様々な前菜が無料で食べ放題なのが嬉しいし、デフォルトでキムチが食べ放題というのもまさに韓国焼きにならではのスタイルと言えるだろう。

 

 

韓国焼肉の品質についての感想であるが、見た目的な所でいうとバンコクに存在している日系の焼肉店舗に比べて少し大雑把な印象がある。

 

が、ボリュームに関しては圧倒的に韓国焼肉の方ががっつりとした肉をがっつりと食べる感があるような、大盛りで皿に盛り付けられているので、『どーーーん』という擬音が似合いそうな盛り付け方である。

 

そして、韓国焼肉ではおなじみの、せっせと店員さんが焼いてくれるサービス。

 

こちらも日系の焼肉ではないサービスではないだろうか。

 

 

もちろん、自分で焼くも良し、ただ、会話に集中したいといった時などにこういったサービスをやってもらえるのは非常に楽であり、ちょっとした接待等でこういった焼肉店舗を選ぶのも場合によってはありなのかもしれない。

 

 

こちらはユッケ、新鮮で日系のユッケと比べて肉のみじん具合が大きめに感じるものの、生卵と絡まって非常に美味であった。

 

そして、こちらもボリューミーである。

 

 

韓国料理の中で私はもっとも好きだと言える料理は何と言ってもチヂミだ。

 

焼きたてを特製のタレにつけて酒と一緒にほうばれば、幸せな気分に浸れること請負である。

 

日本で言う所のお好み焼きに近いような食べ物であろうか?私としてはチヂミはどことなく庶民の家庭的な料理感があって非常に大好きな料理であるといえよう。

 

 

なかなか普段は食べる機会がない韓国焼肉。

 

こういった他国の料理を食べられるのも、タイ・バンコクの魅力の一つであり、本場の味には劣るかもしれないが、しかし、タイ料理や日本料理を十二分に味わい尽くしたらこういった他国の味を開拓するのも一つの魅力なのではないだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です