パタヤでリゾート気分を楽しむタイ人にも人気なThe Sky Gallery Pattayaレストラン

Pocket

久々にバンコクの地を離れ、タイ人達が連休等気軽に遊びに行けるリゾート地パタヤから、タイ人にも人気なおすすめな海の見えるレストランをご紹介したいと思う。

 

今回ご紹介するお店はThe Sky Gallery Pattayaというレストランであり、週末・連休ともなると、店内はタイ人達で溢れかえるタイ料理&イタリアン料理のレストランである。

 

 

店内というよりはオープンレストランであり、パラソルの下、木陰の下にて各種料理を味わいながらリゾート気分を堪能出来るレストランである。

 

The Sky Gallery Pattayaの場所は下記Googlemap参照

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
Google Mapsルートを検索

 

The Sky Gallery Pattayaの場所はパタヤのメインストリートよりもさらに南に行ったところにあり、夜遊びスポットで有名なメインストリートはそれなりに離れている場所に位置している為に、なかなか日本人の方達でこちらの付近に足を運ぶ人は少ないかと思われる。

 

The Sky Gallery Pattayaの客層だが、7割方タイ人がメインであり、外国人はそれほど多くないと言えるだろう。

 

 

取り揃えているメニューのラインナップであるが、タイ料理を中心としており、程よくイタリアンが混ざっているとメニューを見ていて感じた事である。

 

客層を考えるとタイ料理がメインなのも納得が行く。

 

今回タイ人の方達とこちらのお店に訪れたわけであるが、料理のオーダーは全てタイ人の方達にお任せした所、まず最初の料理として登場したメニューがこちら。

 

 

ソムタム・ポラマイである。(ポラマイは果物意味)

 

ソムタムといえば、ソムタムタイやイサーン方面ではソムタムプーパラーが有名ではあるが、ソムタム・ポラマイは私は食した事がなく、The Sky Gellay Pattayaで食すのが初の体験となった。

 

初めて食べた感想として、意外にもソムタムのしょっぱからさと果物の甘みが大変マッチしているということに驚いた。

 

味付けも、激辛というよりは若干マイルドに仕上がっており、外国人でも汗だくにならずに食べられる程のからさであるといえよう。

 

ソムタム+果物、日本のわかりやすい料理で例えるならなになるか・・・イメージ的には酢豚に入ってるパイナップル、そうあーいった雰囲気を醸し出している料理になるかもしれない。

 

もちろん、味は全くの別物だが。

 

 

続いてこちらのスープ。

 

料理名を失念してしまったが、ココナッツベースの甘辛スープにプラーカポンが入っているトムヤム?系のスープである。

 

私の個人的な感想で言わせて貰えば、今まで食べたタイのスープの中では群を抜いいて絶品な味であり、特にココナッツ唐辛子の辛さと、そして各種具が混じり合うことにより、絶妙な味に仕上がっていた。

 

冗談抜きで美味であったと言える。

 

もしまたThe Sky Gellay Pattayaへと足を運ぶ機会があるのであれば、こちらのスープは是が非でもまた食してみたい一品だったといえよう。

 

それほどに私の中では辛さも甘さも全てが私の口に合う味であった。

 

 

こちらは若干辛いものの、やはり海沿いの街ということもあり、海鮮系の味は新鮮だったといえよう。

 

 

定番の鳥の唐揚げ。

 

特に特記することはないが、揚げたてであればどこでも美味しいと思われる。

 

 

こちらの料理名は・・・・覚えてません、ごめんなさい、が、甘いタレに付けて食べると絶品だったのは覚えている。

 

正直所タイ料理に精通しているわけでもないので、普段食べ慣れてない料理の場合は料理名を全く把握出来てないのでこれからはタイ料理名もしっかりと覚えていくことにしたいと思う。

 

いずれにせよ、The Sky Gellery Pattayaで食べた料理はどれも一定の水準を超えている料理であり、もし、パタヤの南の方に訪れる機会があれば一度訪れてみると良いだろう。

 

パタヤメインストリートでは味わえない楽しみがあるかもしれない。

 

 

というわけけで、食事が済んだ後は近くの海岸へ。

 

タイは年中暖かい気候であるから時期を問わず海に入れるのも魅力の一つである。

 

海の温度も冷たいといった感じではなくほのかに温かみがあり温水的な温度であった。

 

バンコクのビルの街並み飽きたらこういった海があるリゾート地でたまにやゆっくりするのも良いだろう。

 

ただでさえ、パタヤはバンコクから1時間30分程度で行けるのだから、これからも余裕があればこういした場所へと赴いて休日を謳歌したいと思うのであった。

 

営業時間 : 8:00~0:00
住所 : パッタヤー バーンラムン チョンブリー 20150
電話 : 092 821 8588

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です