物価安・激安・安さに惹かれてタイ移住を考えるのを辞めた方が良い理由を述べる

Pocket

最近とあるインターネットの記事が目に付いた。

 

その内容とは、「タイで優雅な年金生活」の夢が破綻、大惨事も物価高騰のバンコクからチェンマイ、チェンライへ、といったタイトルの記事で、タイに住んでいる人、そして日本にいる人たちから様々な反響を呼んでいるようだ。

 

特にタイ在住者達の間では価格の感覚に対して高すぎだろうといった声も上がっており、確かに、記事に記載されているバンコクで店舗を構えているラーメンや、日系スーパー等で売っている納豆や豆腐といった価格は実際に販売されている金額より若干高い金額で記載されている模様であると私も感じたわけだが、しかし、私個人の感想としては概ね間違ってないかなとも思える記載であると思えた。

 

タイ・バンコクのラーメン店の価格と日系スーパーの価格・住居の価格


 

 

 

この記事に触発され、実際に価格をスーパーから調べてきた方もいるようで、おおよそ価格は40~65THBの間と行った所だそうだ。

 

店舗を構えているラーメンの価格帯で言うと、大体100後半代のスタンダートなラーメンからスペシャル的なトッピングを組み合わせるラーメンであれば300バーツ後半台といった価格帯が、おおよそ私の中のバンコクのラーメンの価格といいった印象だ。

 

なので、捉え方にもよるとも思うが、日系ラーメン店の300~400THBくらいという印象もまぁ、多少は盛ってはいるものの、概ね間違ってないかなとも思える価格帯ではないだろうか。

 

住居に関しては、日本人居住区で住居を借りると3〜4万バーツとあるが、正直言ってこの価格レベルであればまだまだ安い方であり、現地駐在でファミリーで訪れている方達等は、会社から全額支給されるという事もあり、もっと高額な値段の住居を借りている家庭も多いのではないだろうか。

 

日本人が多い地域のプロンポン〜エカマイで言うのであれば5万バーツ以上する物件に住んでいる日本人がいるのも事実である。

 

なのでリタイヤメントした人たちが3〜4万バーツの物件へという感覚も個人的には間違ってはないのかなとは思う。

 

下をみれば、1万以下や2万バーツ以内の物件ももちろん数多くバンコクには存在しているが、1万バーツ以下の物件の場合はそもそも海外生活が初めてなタイ移住初心者の方達に薦められる物件でない。

 

加えて、バンコク市内で1〜2万のバーツの物件となると単身向けの広さのものがほんとどであり、バスやキッチンといった設備もなかなかついてないのではないだろうか。

 

まぁ、2万バーツくらいであればキッチンとバスはありそうではあるが、そんなに広くない部屋だと言えよう。

 

他にも、安い物件というのはセキュリティ的な観点、そして、オールタイ語という状況になる可能性も高く、そもそも相当海外の地で慣れてない限りそういった安い物件を決めるというのは日常を生活を営んでいく以上当初はハードと言わざるえないだろう。

 

さらに、メインターゲットはタイ人を基本としている為に、いくら親日とはいえど得体のしれない外国人に長期レンタルを許可してくれるかどうか?といった問題もあり、外国人だという理由で断られるケースがあるのも事実だ。

 

なので、自分の足で探さずリタイアメントをした方達は必然と日系不動産会社を介す事となり、3~4万バーツの物件を決めるという流れはよくあることだと思える。

 

安いか?高いか?だったら高いと思っていた方が財布と心に余裕が持てるのでは?


 

 

私の感想として、そもそもタイの物価を語られる時思うこととして、近年では両極端な例が多いようにも思える。

 

昨年度ボンビーガールといった番組の内容として、タイ・バンコクでは一日100THBの食費でキラキラなコンドミニアムな生活ができちゃうといった番組や、月5万〜10万くらいで生活を出来るという事を謳いタイ移住をしてないのに、移住を薦めるアフィリエイター達の記事があった

 

本気でタイで就職したい人の為に本当のタイの就職の事実を述べよう
先日の2016年4月5日付のテレビ番組『ボンビーガール』というテレビにてタイで働く女の子の特集が組まれており、その日番組を見ることはなかったが、後日見られる機会がありじっくりとそのタイで働く女子にスポ

 

私の個人的な感想として言わせて貰えば、一日100THBで生活ができますよといった内容の話よりはタイの物価も高騰しており日本食の価格は日本以上だと謳っている記事の方がまだ信用出来ると思うし。

 

前者のアフィリエイターの記事の話は未来がないと思う。

 

なぜなら最底辺の金額を記載しているわけだからその金額を信じてタイへ移住し、実は生活費や食費、交通費といった部分に関して仮に倍以上かかってしまった場合『全然安く生活できないじゃん!』という結論に至る以外に道はない。

 

逆にある程度価格が高いのだと覚悟してきた場合だと心と生活に余裕が持てる分『思ってたより価格が高くなくてよかったよ』といった結論もありえることから、この両者の気持ちの持ちようの差はおおきいのではないだろうか。

 

タイに安くて良いものはがあるというのは幻想だとそろそろ気づいてほしい


 

安くて良いものなんていうものは幻想である。

 

タイにいるとそれはしみじみ思うことであり、安いものというのは質の悪いものなのだということをタイでは理解をした方が良いと思われる。

 

例えば、市場等で売られている靴やカバンといった商品を私は以前購入し、使っていたことがあった。

 

激安な500THBなカバンをとりあえず一時的なしのぎの為に購入したわけだが、購入して1日でまずチャック部分の部品が外れた、そして二日目にして、肩掛け部分のチェーンの所が壊れ、肩掛けが出来なくなってしまったのである。

 

安いというのはこういうことである。

 

他にも靴の場合だが、こちらも別のマーケットであるが外の露天で購入したこの商品は、2週間と経たずにバラバラに分解されてしまう程それはもうひどい有様であった。確か2〜300THBくらいだったと記憶している。

 

重ねていうが安いとはこういうことである

 

逆にそれなりに2〜3000THBする商品に関しては長持ちしているようである。

 

再度言わせてもらうが安いというのはそういうもんなのである。

 

特に日本人である場合は安くてとにかく品質の良いものを求めがちだ。
安くてうまい飯、安くて良質なサービス等々。

 

限界まで値段が下がっているにも関わらず品質やサービスは常に一級を求める風潮ははっきり言って狂気の沙汰であると言えないだろうか?

 

 

屋台飯、確かにうまい飯もあるのは事実ではある、しかし、衛生面で言ったらほとんどの屋台の状況は芳しくないと言えるだろう。

 

油の使い回し、よく洗われていない食器や箸類、タイ人たちですら、配膳された皿や箸等は食事をする前にティッシュ等で拭いたりする光景もよく見かける事がある。

 

加えて、一番最悪なのが交通量が多い所の横に出店している屋台である。
排気ガスがガンガン飯の中に降り注いでいるものを食べているのだという認識はしていた方が良いのではないだろうか?

 

再三何度も言うが安いっていうのはそういうレベルの事なのである。

 

タクシー料金に関しても初乗りは大変安い事でタイは有名だ。

 

しかし、安い反面タクシードライバー達の対応は良い対応であると言えるものではない事が日常でありバンコクでも各地で様々な問題を起こしている。

 

こういったリスクがある部分に対して、どこもかしこもタイは物価が安い!と謳っている所は、度外視している傾向にあると私個人としては思える。

 

安くて品質の良いものや食事で言えば、はっきり言って日本の方が多く存在しているのではないかと思うし、様々なサービスの面で考えても、外国の地というのは明らかにルールが日本と違う事が多々あるので、そういう面を安さだけで追い求めてしまう傾向は危ないと言わざるえないだろう。

 

今後、将来的に東南アジアそして、タイはさらに物価が上昇していく


 

その時高くなったからと他国へと移り住むのか、はたまた帰国するのか?それはその人次第ではあるが、一つはっきり言える事は安さ・激安を求める旅は必ず最後はどこかで破綻するのではないかと言う事だ。

 

そして、物価が上がった程度でタイ移住を断念するくらいの気持ちであれば、そもそも日本国内で過ごしてた方が私は色々な面で手続きの手間がなく楽ではないのかと感じている。

 

もし将来的にあなたが、タイの地へと移住したいと願っているのであれば、物価が安いといった一点に注目するのではなくて、広い視点で見て総合的に判断した上で移住が出来れば比較的に失敗は少なくなるのではないだろうかと、私は個人的に思う。

 

Photo by Flickr

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です