タイのセブンイレブンでリニューアル販売されたネギ塩豚カルビ弁当はオススメ

Pocket

タイ・バンコクのセブンイレブンで販売しているお弁当で以前私がハマっていたお弁当があった。

 

セブンイレブンで現在販売されているお弁当の7〜8割はタイ料理を中心としたお弁当が多い中残りの2〜3割をパスタだったり日本の料理や韓国料理だったりと幅を持たせているラインナップである。

 

私が以前ハマっていたセブンイレブンのお弁当はネギ塩豚カルビ弁当という、セブンイレブンで売られているお弁当の値段としては通常のタイ料理系のお弁当に比べて二十バーツ程割高感があるお弁当ではあるが、味に関しては日本人の舌に合う味付けであり、セブンイレブンで見かける度に即買いしていた程である。

 

そんな割と私の中では好評だったネギ塩カルビ弁当であるが、ここ1年くらいはセブンイレブンの棚に商品が並ぶことなかったので、何を食べようか迷った時の定番メニューとして現在ではよくガパオライスを食べたものである。

 

さて、そんなネギ塩豚カルビ弁当がセブンイレブンから姿を忽然決して日がたった現在。

 

再びセブンイレブンでネギ塩カルビ弁当の文字を見かけることができたのである。

 

 

お値段据え置きではあるものの見た目的に調理方法が変わってるのだろうか?若干以前のお弁当に比べて豚の品質が変わったように感じた。

 

思わずセブンイレブンでこちらのネギ塩豚カルビ弁当を発見した時はあまりの嬉しさに即2個買したものである。

 

肉を摂取するということは最近ではなるべく野菜も取り入れようと努力している私は、セブンイレブンで29THBで買えるサラダパックも合わせて買うようにしている。

 

 

肉中心の食生活に偏りがちなタイでの食事だが、以前はなかったが今では手軽にコンビニでもサラダを購入することができるのは素直にありがたいと思う。

 

 

ただし、付け合わせのソースがマヨネーズしかないので、こういった野菜を常に摂取したい人は日系スーパーやマーケットで和風ソース等を購入し常備しておくと、飽きずにサラダを食べることができるだろう。

 

余談ではあるが、割とこちらのセブンイレブンのサラダはタイ人にも好評のようで、一回の入荷で3〜4個程棚に並ぶのだが、早いペースで購入されていく傾向にあるようで、すぐなくなってしまいがちだ。

 

なので、私はだいたいセブンイレブンでこちらのサラダを見かけた場合は、一気に3〜4個は購入しておいて、冷蔵庫に常備させておいたりしている。

 

タイの食生活の中で、サラダやビタミン等は意識して摂取するようにこれからも心がけていきたい。

 

 

さて、そんなわけで、こちらの私の大好きなセブンイレブンのネギ塩豚カルビ弁当、リニューアル後の味はというと・・・、以前に比べて油の量が減ったせいかギトギトした感じが抑えられているように感じられた。

 

味に関しては言うまでもなく、前回同様に日本人の舌合う味付けだと私個人としては感じる味だと思われる。

 

量に関しては若干少ないと感じる量ではあるものの、足りない人はこちらのネギ塩豚カルビ弁当と合わせておにぎりといったものと合わせて購入すると良いだろう。

 

こちらのネギ塩豚カルビ弁当が再び登場してきたということで、セブンイレブンのガパオライス生活からネギ塩豚カルビ弁当生活にシフトしそうな勢いだ。

 

そういえば、風の噂でセブンイレブンの新発売商品として、カツ丼やビーフカレー弁当がかなりのクオリティで美味しいとの話を聞いたことがあるのだが、残念ながら私はまだセブンイレブンでそちらの商品を購入したことがないので、こちらの新商品は後日見かけたときにまたレビューをしたいと思う。

 

いずれにせよ、ネギ塩豚カルビ弁当。

 

私個人としては悪くない味だと思うので、タイ料理に飽きた方はこういった手軽にセブンイレブンで購入できる日本っぽいお弁当で、お腹を休めるのも悪くないのではないだろうか。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です