タニヤの牛角は内装を一新し新装開店したバンコク庶民にも優しい焼肉店に

Pocket

先日実に3年ぶりにタニヤにある焼肉店牛角に訪れる機会があり、足を運んでみた。

 

タニヤにある牛角といえば、BTSサラディーン駅から徒歩1分、そして、1Fという好立地である事から、日本人観光客や現地タイ在住の日本人にも人気な焼肉店だ。

 

私も数度過去に来店していた事があり、特に壺付けにされているカルビは絶品だった記憶があった。

 

今回なぜ牛角へと足を運んでみたのかというと、店舗内をすべてフルリニューアルするという事で一時期店舗がしまっていたのだが、たまたま通りがかった所、新たにグランドオープンとなった事から久々に足を運んでみたくなったのだった。

 

 

店頭ディスプレイにはグランドオープンを祝う花束が飾られていた。

 

同ビルに存在している店舗カラオケクラブAGEHAそして、関連のある飲食店からの贈呈だろうと思われる花が店頭を飾っており、非常に華やかな雰囲気に包まれた上でのグランドオープンとなっているようだ。

 

そんなタニヤの牛角の場所は下記GoogleMapを参照してほしい

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
Google Mapsルートを検索

 

駅近店舗なので迷うという事はないが、もし行ってみたい方は上記マップを参照の上是非とも足を運んでほしい。

 

さて、久々の牛角となったわけだが、タニヤ通りはご存知のように焼肉店舗の激戦地区の一つである。

 

最近一店舗高級焼肉店花まちはクローズしたのだが、それでもまだまだタニヤ通りには旨い焼肉店舗が数多く溢れている。

 

叙苑・焼肉アロイ・福龍苑・焼肉味楽と短いタニヤ通りの中に実に多くの焼肉店が存在している事がわかるだろう。

 

バンコク・タニヤの焼肉店を侮るべからず!最上級の肉質が魅力な叙苑
上質な肉を取り揃えているというお店という事で、タニヤ界隈の焼肉店でも密かに人気を呼んでいるお店叙苑。 以前はライバル店として叙苑の目の前に1店舗焼肉店があったわけだが、スラウォン通りにあ

 

タニヤの焼肉福龍苑は高級感漂う個室で最高級・高品質の肉が食せるお店
バンコクにおいて夜遊びも飲食も二つの観点からも楽しめるタニヤ通り。 ここは日本で言う所の東京・歌舞伎町を彷彿とさせるスポットであり、日本から観光で遊びに来たら日本人や他国の外国人、そして

 

バンコク・タニヤにある高級焼肉店あろいは、まさにアロイである
なんだか今日は非常にがっつりと肉が食べたい、そんな風にバンコクで生活していて感じる日はないだろうか? バンコクでは実にいろいろな肉を焼くスタイルのお店が存在しており、タイのローカル店で言

 

そんなタニヤの焼肉店激戦区の中牛角はどういった戦略を打ち立てているのだろうか。

 

今回新装開店後初めて足を運んでわかった事があるのでお伝えしたいと思う。

 

 

今回訪れた時間帯は夕食時の時間帯という事もあってか、お店は満席だった。

 

しかも、日本人に人気の店だと私は思っていたのが、客層の9割はタイ人という光景を目の当たりにして正直驚いたほどである。

 

なぜ、タイ人ばかり顧客が多いのか。

 

その疑問はメニュー表を見て納得したのだった。

 

通常タニヤ界隈に店舗を構えている他の焼肉店に比べて半額以下くらいの値段設定になっており、タイ庶民でも気軽に色せる価格設定がタイ人に受けているのではないだろうかと個人的には推測する。

 

一番安い肉で中落ちカルビがなんと120THB、牛タンが170THBという価格設定はタニヤでは驚愕するほどの安さではないかと思う。

 

 

かといって肉質が上質でないかと言われれば、そんな事はなく美味であると言えよう。

 

タレもしっかりとしており、一緒に食すご飯も進む事請け合いであると言える。

 

 

牛角は焼肉以外のサイドメニューも充実しており、さらに価格帯も安く旨いとあってはあれもこれもと頼みたくなってしまう衝動に駆られる。

 

是非とも他にもいろいろなメニューがあるのでお好みで注文してみると良いだろう。

 

 

味にはなんら申し分はない牛角、ただ、現状新装開店仕立てである事からオペレーションに関しては多少のもたつきがあると言わざるえないだろう。

 

といってもお客さんが満席近い事であるからしょうがない事でもあるのだが、ご飯おかわりそして、ドリンクの注文しても10分放置されたりするような状況が多少目に付いた。

 

焼肉は鮮度が命であり、焼いてる最中にすぐさまおかわりのご飯がこないと冷めた肉を食す事となり、その辺りは是非とも迅速さを徹底していただきたいと思う。

 

 

あとは、内装が変更された現在以前はしきりで区切られていたスタイルだったのが、横の席の人たちの感覚が近く、4人掛け席で3人で卓を囲むとあっという間に手狭になってしまうのが難点であると感じた。

 

お店の店舗がそれほど大きいお店ではないので仕方ない事なのだが、ゆったりとスペースを持って焼肉を食したいのであれば、高級店ではあるものの、焼肉あろいだったり福龍苑、そして叙苑といったお店の方が余裕を持って食べれるスペースはあると感じた。

 

ただ、価格の面で考えればタニヤの牛角はタニヤでは安値で焼肉が食べられるお店である事から、その辺りは許容範囲なのかもしれない。

 

タニヤという立地を考えた場合周辺のカラオケクラブの女性と、こういった焼肉に一緒にアフターで訪れるのもお手頃価格で悪くないのではないだろうか?

 

少なくとも他の焼肉店に比べたらコストを抑えて美味しい焼肉が食せる事だろう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です