居酒屋栄ちゃんはスクンビットソイ22にあるバンコク在住者の憩いの場である

Pocket

スクンビット・アソークとトンローの中間にあるプロンポン地域、この辺りも日本人が数多く住まれる場所であり、比較的には駐在クラスの方達がコンドミニアムを借りてファミリーで住んでいる地域としても有名な場所である。

 

メインの日本人が多く住む高級コンドミニアム居住区はスクンビットソイ24あたりが中心となっているが、一つソイがずれるだけでも、比較的に価格帯も落ち着き現地採用の方達でも住める価格帯の場所となっており、個人的には一押しな居住区である。

 

さて、そんなプロンポン地域のスクンビットソイ22に長年バンコクに滞在(仕事)をされている方達の憩いの場があるので今回はそちらのお店をご紹介したいと思う。

 

 

今回ご紹介するお店はスクンビットソイ22の中間地点にあり、人通りが少ない場所にあるものの、連日連夜賑わいを見せている居酒屋でありお店の名前は『居酒屋栄ちゃん』という名前で長年居酒屋をやられている老舗である。

 

居酒屋栄ちゃんの場所は下記Googlemapを参照

 

以前は1Fは居酒屋で2Fはカラオケといったお店だったのだが、現在は居酒屋のみの営業をしているということらしい。

 

スクンビットソイ22の居酒屋栄ちゃんの特徴は何と言っても働いているウェイトレスにちょっかいが出せるお店としても有名であり、一人で気軽に足を運んだ場合でもウェイトレスの女の子がお酒に付き合ってくれるというサービスは日本のガールズバースタイルを居酒屋で取り入れているみたいな感じであり、非常に斬新だと感じる。

 

こういった女の子と談笑して話せるお店として、以前ご紹介したトンローの居酒屋たまごというお店も同様のシステムであると言えよう。

 

スクンビットソイ57にある居酒屋『たまご』スナック的な接客が楽しめるお店
バンコクの中心街から少しオンヌット方面に向かう途中にあるトンロー(スクンビットソイ57)、この辺りは比較的に日本人多く住むエリアであり、大型ショッピングモールを筆頭に、日本食や日本人に馴染みの夜遊びス

 

単身で来られている方には一人で食べるご飯も味気ないのでこういったお店で一杯飲みながら夕食をしたりすると寂しさも紛れるのではないだろうか。

 

 

栄ちゃんのメニューであるが、一般的な日本居酒屋のメニューだ。

 

別段特記する事もないが、居酒屋として不満があるかどうかといえば、全くもって問題ないと言える。

 

こちらは冷奴になるのだが、器に丸々と氷が入れ込んであり、その上にちょこんと冷奴が載っているスタイルはなんとも氷の無駄遣い・・・もとい、新鮮な食材を味わってもらおうという配慮の表れではないだろうか。

 

 

こちらは焼き鳥の盛り合わせ、味は◎
申し分ない肉質と焼き加減である。

 

おそらく格安路線で攻めているお店に比べると断然栄ちゃんの焼き鳥の方が美味いと感じることだろう。

 

 

そういえば、一つ面白いメニューがあったのでご紹介したいこちらの料理はおそらくナポリタンだと思うのだが、なんと鉄板で出てくるスタイルである。

 

私の中ではお皿に盛り付けられたナポリタンが一般的だと思っていたのだが・・・こちらの鉄板でナポリタンを出すスタイルは発祥は日本の名古屋と言われているらしく、もしかしたらこちらのオーナーの方が名古屋出身あるいはシェフが日本で修行したことがあり、そこが日本の名古屋だったといった可能性もあるかもしれない。

 

いずれにせよ、関東の人間の私にとって鉄板でててくるナポリタンスタイルは目新しく斬新であると感じる。

 

味の方はキチンとしたナポリタンであり、美味であると言える味付けだった。

 

居酒屋としての使い方も良いし、女の子にちょっかいを出しつつお酒が飲めるスタイルとしての使い方どちらでも楽しめるスクンビットソイ22にある居酒屋栄ちゃん。

 

大手に比べて箱が大きいお店ではないが、醸し出している雰囲気はそこはかとなくアットホームさを感じられるなんとも癒される居酒屋だと個人的には思うのであった。

 

住所:119/3 sai namtip2 Sukhumvit22 Sukhumvit Rd
電話:02-260-9559
営業時間:17:00-24:00

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です