スリウォン通りにある酒の店2号店は味のある日本居酒屋店である

Pocket

前回スリウォン通りにある一風変わった日本居酒屋光料亭をご紹介したわけだが、今回も同じスリウォン通り沿いにある日系居酒屋をご紹介したいと思う。

 

今回ご紹介するお店はタニヤ通りではおなじみな居酒屋『酒の店』2号店である。

 

酒のお店1号店はタニヤ通りにあるわけだが、そのタニヤ通りから徒歩5分程の歩いた所のモールの地下に酒の店2号店はお店を構えている。

 

酒の店2号店の場所は下記Googlemap参照

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
Google Mapsルートを検索

 

酒の店2号店の作りは決して新築で綺麗といった風体のお店ではないが、良い感じに古ぼけた内装やなんとも日本の場末の居酒屋を彷彿させてくれるようで、非常に落ち着く作りになっていると感じる。

 

いい意味で気を張らなくてもゆったりと酒が楽しめるお店であると言えよう。

 

 

メニューは豊富で酒の店1号店と同じであろうか、品揃えは豊富と言え、手書きで書かれた本日のおすすめメニューは鮮度が高い一押し商品だと思われる。

 

 

刺身系・丼モノ系・一品系といった居酒屋では定番のメニューであると思われる。

 

前回訪れたタニヤ酒の店の記事はこちら

タニヤの酒の店はスラウォン通りに面し、夜遊び前に酒をかっ喰らうならココ
仕事終わりのアフター5はどう過ごせばいいだろうか? ある人は、アフター5なく仕事に取り組むものもおれば、仕事が終われば頭を切り替えて夜の街へと繰り出す人達もいる、なかにはタイ人彼女とのひ

 

今回まずはじめにおすすめメニューにも書かれていた新鮮な刺身の盛り合わせが本当に新鮮で採れたてらしくそちらをオーダーさせてもらうことにした、そして出てきた刺身の盛り合わせがこちら。

 

 

わかりやすく日本語で刺身に名前が振られており、見栄え的にも非常に楽しめる一品であると言え、もちろん、鮮度に関してもピチピチであり、刺身の色合いから鮮度は抜群だということはわかっていただけるのではないだろうか?

 

味はいうまでもなく非常に美味であった。

 

 

そういえば、スライストマトかと思いトマトをオーダーしたと思ったら、なんとそのままトマトがまるまる出てきたのには驚かされたわけだが、野菜が不足がちで栄養も肉よりになるタイの食生活の中ではこういった野菜分補給というのは大変貴重であると言えよう。

 

余談だが、このままが食べずらいのであれば、店員に告げることでカットして貰うことも可能である。

 

 

私はどうにも居酒屋へ行くとたこわさびもしくは納豆はどうしてもオーダーしてしまう傾向にあるのだが、ご飯無しでも美味しい酒の店2号店のマグロ納豆は、新鮮なマグロと納豆のハーモニーというか、この組み合わせを考えた日本人にはただ感心するばかりである。

 

私の大好物の一品だ。

 

 

そして、酒の店ということで熱燗で酒をオーダー。

 

灼熱のバンコクにいながら熱燗と刺身で一杯できるというのはなんとも贅沢な極みではないだろうか?

 

美味刺身、美味酒全てが揃う日本のちょっと場末な空気を感じる事の出来るスラウォン通り沿いの酒の店2号店、もし付近を訪れたらちょっと顔だして軽く飲むにも使えるお店だと思うので、是非とも足を運んで欲しいお店の一つだと言えよう。

 

営業時間: 17:30~0:00
電話番号: 02-233-2685
住所: B1 Fl., Wall Street Tower, Surawong Rd.

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です