タイ観光旅行者にもオススメ!心身共にリフレッシュ!タイ古式マッサージを受けてみよう

Pocket

普段生活をしていると仕事の疲れが溜まって心身共に不安定になる時がある。

 

飲み過ぎによる自業自得の行いであれば、我慢は出来るものの、私は普段の業務でパソコンを1日の3/2位は注視する職業上どうしても首から肩周辺に関しての疲労が溜まりやすく、ひどい時は痛さで本当に首が回らないなんていう状況もあったりして死活問題である。

 

ある程度の痛みなら多少は我慢出来るのだが、本当にどうしょうもない時はタイ式マッサージを受けに外へ赴き適当なお店で首から肩周り迄を重点的にマッサージしてもらうことにしている。

 

バンコクにおけるこういったタイ式マッサージのお店は実に数多くのお店が乱立しており、バンコクの観光地や歓楽街であれば、少し歩いているだけで数件目についてしまうくらいタイ・バンコクではポピュラーな商売であると言えよう。

 

基本的なタイ式マッサージの施術内容だが、様々なバリエーションのマッサージメニューが存在しているのが特長だ。数々のマッサージメニューがあるが、今回はその中でスタンダードなメニューのマッサージだけご紹介したいと思う。

 

 

タイマッサージ(スタンダードな全身マッサージ)


Photo by fliker

 

全身くまなくほぐしてくれるタイマッサージは、タイではスタンダードなマッサージであり、初めて施術を受ける方にもおすすめ出来るマッサージである。

 

日本でこちらのマッサージを受けるとなるとおそらく1時間4000~6000円くらいの金額になると思うのだが、タイ・バンコクでは、こちらのマッサージが1000円程で受けられるのが大変魅力だと感じるのではないだろうか。

 

日頃の疲れを取り除く為にも一度はタイ・バンコクへ訪れたらこちらマッサージは受けてみると良いと思われる。

 

フットマッサージ(ゆったりとしたチェアで眠りながら受けれる足限定のマッサージ)



Photo by flicker

 

フットマッサージの特徴としてあげられるのは通常のタイマッサージと違い下半身主に足裏からふくらはぎ辺り迄を入念にマッサージして貰うコースである。

 

タイマッサージの場合は、敷かれた布団に寝っ転がりながら受けるのが基本だが、フットマッサージの場合は、ゆったりとしたソファーチェアーに腰掛けながら施術して貰えるので、マッサージ師が経験を積んだ方の場合あまりにも心地よい加減な為にソファーで寝てしまうほどリラックス出来るマッサージである。

 

但し、足裏のツボを入念に押される場合はカ所によっては若干の痛みを伴うかもしれないが、足裏の痛みのカ所によって、自身の身体にどこかしらの変調をきたしている可能性もある事から足裏のツボを突かれて痛みがでた場合は、体のどの部分に悪い所があるのか聞いてみると良いかもしれない。

 

 

オイルマッサージ(全身を包み込む感覚が癖になりそうなマッサージ)



Photo by Flicker

 

普段はなかなか受ける機会のないコースのマッサージであるこちらのオイルマッサージコースであるが、こちらのマッサージは衣服を全部取っ払って受けるコースのマッサージである。

 

タイマッサージと異なり指圧による施術というよりは、体の筋肉をオイルによってほぐすといったイメージに近いだろうか。

 

激しい運動等を行った後にオイルマッサージを受けると心地よさも相まって寝てしまうほどの気持ちよさである。

 

私はオイルマッサージを頻繁には受けはしないが、しかし、タイの地でゴルフを行った後の全身疲労状態でこちらのオイルマッサージを受けると通常の1.5倍以上の気持ち良さを味わえるので個人的にはオススメなマッサージであるので、機会があれば是非とも一度受けてみてもらいたい。

 

ネックマッサージ(オフィスワーカーには嬉しい首から肩を重点的にマッサージ)



Photo by flicker

 

私が現在もっと受けているマッサージの施術。

 

基本的にはタイマッサージ(全身マッサージ)と、スタイルは変わらないのだが、全身に主軸を置くのではなくて体の上半身、主に首から上背中の部分を重点的にマッサージを行ってもらうスタイルである。

 

例えば首が疲労で回らなくなった場合等、こちらのマッサージを受けるとかなり首から肩迄のコリが解消され、施術後はしっかりと首が回るようになる。

 

普段の仕事がオフィス勤めの肩には最適なマッサージコースだと言えよう。

 

タイ・バンコクで受けるタイマッサージの一般的なお値段について


 

タイ古式マッサージは日本で受けるに比べて比較的に格安でマッサージを受ける事が可能である。

 

一般的なタイ・バンコクでの価格帯は150~400THBの範囲内で各種コースを受ける事が可能であり、だいたい1時間〜2時間コースが基本である。

 

ざっと簡単に今回ご紹介したタイ古式マッサージの値段を下記に記載しておくので参考迄に

 

タイ古式マッサージ  : 200THB~300THB / 1時間
フットマッサージ : 200THB~300THB / 1時間
オイルマッサージ : 400THB~600THB / 1時間
ネックマッサージ : 200THB~300THB / 1時間

※2017年の相場(あくまで目安としての価格帯)

 

今回ご紹介したマッサージコース以外にも垢すりマッサージやフェイシャルマッサージといった女性にも人気のマッサージコースもあるので、色々なマッサージ屋を巡ってみて自身が今受けたいと思っている最適なマッサージを受けると良いだろう。

 

一つ、タイ・バンコクでマッサージを受ける際のお店の選定の仕方として注意点があるのだが、なるべくであれば、バンコクの夜遊びスポット周辺(一部例外の地域もある)のお店は避けた方が無難であると言える。

 

特にスクンビットソイ23及びスクンビットソイ22近辺には数多くのマッサージ店舗が存在しているのだが、通常のマッサージとは別の裏メニュー(スペシャルサービス)と呼ばれる物が存在している事から、そういうのを求めてない通常のマッサージを希望する方はそういった地域を外した所のマッサージ屋へ行くか、あるいは日本人にも有名なパッポン通りの有馬温泉といった有名なマッサージ店で受けるかした方が無難であると言える。

 

タイ古式マッサージを受けてお会計を済ませたらマッサージ師にチップはあげると喜ばれる



Photo by flicker 

 

必須ではないにしろ、タイマッサージを受けた後、施術してくれたマッサージ師にチップを上げると大変喜ばれる。

 

基本的にタイマッサージで働いている人達の給料は決して多くはないお店がほとんどだ。

 

さらに、お店側も雇う時にチップを貰える事を前提としての給料体系に設定しているお店も多い事から、最低保障はあるものの一般的なマッサージ店は歩合的なお店がほとんどだと思われる。

 

なので、施術を受けて自身がチップを払っても良いと思えるサービスであるならば、是非ともお会計後こっそりマッサージ師に渡してあげよう。

 

マッサージ師に渡すチップの相場はおよそ、50~100THBがスタンダードなチップの価格と言われているが自身の裁量で決めれば良い事だと思う。

 

 

日本のストレスをほぐすのに最適タイ古式マッサージは一度はタイへ訪れた受けてみよう


 

今回はいつもの飲食ネタとは違う部分をせめてみたわけだが、日本に比べるとお手軽価格で施術でき、しかも数が多く存在しているタイ古式マッサージ。

 

若者にはマッサージはまだピンとこないかもしれないが、少なくとも30代〜の方達ではれば、心身共にリラックス出来る魅力的なマッサージコースが数多く存在するので、タイへ訪れた際には是非とも時間の合間に一度くらいはタイ古式マッサージを受けてみると良いのではないだろうか。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です