スリウォン通りにある居酒屋『光料亭』は面白メニューがある日本居酒屋

Pocket

タイ・バンコクでは日経飲食店を経営しているのは日本人オーナーとは限らない、現地の資産家タイ人が日本料理を提供する店舗や、タイ人社長自身が日本へと料理修行を行い日本の味を勉強し、その腕を生かしタイ で店舗を構えるといったケースも少なくない。

 

日本の味を、タイ人に受ける味と融合して作られる創作タイ風日本料理もタイに慣れてくると意外と悪くないと感じる時もあることだろう。

 

もちろん、タイシェフでありながら日本の料理が本当に大好きで日々研究を重ねた成果、日本で食べるのとなんら変わらないクオリティーの日本食にありつける事も出来、一兆一憂にタイ人経営の日本料理はダメという事はないのは是非とも頭の片隅に覚えておいていただきたい。

 

 

さて、そんな今回ご紹介するお店はスラウォン通りに店舗を構える日本居酒屋であり、日本語がペラペラなタイ人のおばさんが営業しているちょっと懐かしい居酒屋をご紹介したいと思う。

 

場所は下記googlemap参照

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
Google Mapsルートを検索

 

タニヤ通りから少し離れてスラウォン通りをパッポン方面に直進していき、少し行った所の地下に今回ご紹介するお店光料亭は存在する。

 

 

お店の雰囲気的な所で言えば、ちょっと昔懐かしいスタイルの家庭的な居酒屋といった所だろうか。

 

私の田舎の実家にもこんな感じのお店はありそうなきがする。

 

 

お店のメニューは一般的にバンコクに存在している居酒屋スタイルなお店であり、刺身あり、丼モノあり、おつまみありと、バンコクでは一般的な日本の居酒屋であると言えよう。

 

 

特記する点としてあげられるのは、誤字脱字がオンパレードメニュー表である。

 

鮭丼がなぜか酒丼になっていたり、銀杏がイチョウという表記になっていたり、太巻きがふ頭巻とか最初はgoogle翻訳とかで自動でやったのかなと思っていたのだが、なんとなくあざとく微妙にクスっすとさせるこのメニュー表記、実はわざと作成してるのではないかと思えてきたが、真意は定かではない。

 

 

実際のこの誤字脱字具合は実際足を運んで是非とも自身の目で確認して欲しい所である。

 

 

 

さて、そんなおもしろメニューに癒されつつ早速料理をオーダーすることに、そういえば久しく食べてなかったさんまをオーダー、新鮮なさんまを使ってきちんと焼き上げてあり、日本にいるような気さえ錯覚させる。

 

やっぱり日本人であれば、さんまが食卓に並ぶというのは定番ではないだろうか?

 

 

次のメニューはバンコクでは珍しい手巻き寿司である。

 

通常の巻物を小さめに切ったモノはバンコクでよく流通しているのだが、こういう手巻きスタイル型が置いているお店というのは、今まで色々な日系飲食店を回ってはきたが、初めてのメニューだったと思う。

 

ちなみに、具材はネギトロ手巻きである。

 

 

ほどよくふんわりと焼き上げられただし巻き卵、メニュー表記では面白メニュー表記になっているので、どういった誤表記されているのかこちらの是非とも実際のお店で確認してもらいたい所だ。

 

 

そして、腹八分目という所で最後の締めとしていただいたのは蕎麦である。

 

あくまで味は居酒屋の蕎麦としての味であり、本格的な蕎麦の味を求めるのであれば、バンコク市内に現在数多く存在している蕎麦十番や生蕎麦あずまといったお店へ赴いた方が良いだろう。

 

私個人としては居酒屋の締めの蕎麦としては全くもって問題ないと言える味であった。

 

色々な周辺の日系居酒屋としては、それほど特記する点はないものの、落ち着く畳敷の古めかしいスタイルで日本を思い起こせると同時に、海外にいるという事を忘れさせる安心感があるお店な事から、ちょっとした肩を張らずに一息つくにはこうした同郷の雰囲気を味わえるお店も悪くないのではないだろうか?

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です