バンコクの日常生活において格安路線バスをあまり使わない5つの理由を述べる

Pocket

バンコクの交通手段は様々な選択肢がある中の一つ、大衆向けな格安交通手段として路線バスがある。

 

近・中距離内での移動であれば7〜13THB以内で移動する事が出来る交通網であり、バスの種類によっては無料で移動出来る路線バスも存在する事から、タイ生活においては欠かせない交通網の一つであるだろう。

 

各言う私も以前は路線バスを使用していたのだが、近年では近場で目的の場所が隣接しているくらいの場所でないと、なかなか路線バスを使う事は無くなったのである。

 

今回はそんなバンコクで一般的な交通網としての路線バスを、なぜ日常生活において使用しないのかを5つの理由でご説明したいと思う。

 

バンコクの路線バスは数多く存在している為にどのルートのバスを使って良いか悩む


 

バンコク市内では様々なルートで数多くのバスが多く走っている為に目的の場所へのルートは多岐にわたる事もある。

 

慣れた場所に行く場合、近場の時はさほど問題にはならないのだが、中距離移動となるとどういったルートを通るのかをネット等で検索しなければいけない。

 

そうなってくると、バンコクの地理に詳しくないとなかなか、どういったルートで行くバスが最適なのかが判断つかないといったケースもある。

 

最近ではインターネットが使えればgoogleが提供しているGooglemapによって目的の場所までのバスを案内してくれるといった状況になってはいるが、もし携帯の電源が切れてたりインターネットが使えない状況下に置かれた場合は、あまり馴染みのない場所でのバス乗車は多少難易度が上がると言わざるえないだろう。

 

 

バンコクの路線バスがバス停に訪れるタイミングが分からない


Photo By Flickr

 

日本では、バス停には時刻表というものが存在しており、バスが予定の時間近くにバス停に来るのが一般的な事だと思うが、そもそもバンコクの路線バスの場合は時刻表というものは存在していない(おそらく)、さらには慢性的な渋滞に陥ってる交通事情である事から、きちんとした間隔でバスが来るのではなく一本逃した場合、状況によって10~30分バスが通過しないといったケースもある為に、時間に余裕を持ってないと路線バスを使いづらいといった事もある。

 

ちなみに私は、一本バス停に行くのが間に合わずに、次すぐ来るだろうと思ってたら30分程バスがバス停に来なく炎天下の下待っていたという経験はあるが・・・割と待ってるだけでも体力は消費するのだなという事が分かった。

 

少し目を離した隙に目的の降車ポイントを逃してしまうので気を張ってないといけない


Photo By Flickr

 

乗車後、降りる場所はBTSと違って定期でアナウンスしてくれるわけではないので、常に自分がどこのルートを通っているかを把握しておく必要がある。

 

ゆえに、携帯電話でネット等を閲覧している時等ふとしたタイミングで降車ポイントを逃す事もあり、気がついたらかなり先の方まで進んでており来た道を別のバスで戻るとった状況にならない為にも常に外のルートを気にしておかなければいけないのが、個人的にはめんどくさいと感じる事である。

 

路線バス一本で目的の場所へはたどり着かず複数路線バスにもしくは別の移動手段に変える必要もある


Photo by Flickr

 

基本的に一本で目的の場所へたどり着けば楽なのであるが、中距離以上の距離をバスで移動することになると、1本では目的の場所へたどり着かず複数バスへ乗車しなければいけないといったケースもある、それを楽しんで乗りこなせる方にはなんら問題はないが割と一本乗った後にさらにまた別のバスを拾って移動するというのはなかなかどうして面倒であると感じる。

 

バンコクの中心街にであれば主要な大通りを路線バスは網羅しているとは思うが、脇道等のソイへ行くことはバスは通常はないので、降車後は別の移動手段を用いなければいけないという状況になるのではないだろうか?

 

出社・帰宅ラッシュ時間に被るとバンコクの路線バスでも渋滞・満員の2重苦で疲れる



Photo By Flickr

 

出社・帰宅ラッシュ時はどの交通手段を使用しても激混みで疲れる事が必須である事には変わりない。

 

しかし、路線バスの場合は激混みのバス車内に加えて大渋滞というこの二重苦に締め付けられながら移動しなければいけないのはなんとも修行しているのではいか?と思うくらいストレスが溜まると感じる空間に思える。

 

MRTの場合はラッシュ時混雑はするものの、渋滞するという事はないので乗車後込み込みでも目的地までパッといってくれるので問題はないが・・・これが路線バスの場合だと最悪である。

 

もっとも、その空間に苦痛を感じない人にはなんら問題はない事ではあるが、さすがに立ちっぱなしで1時間以上路線バスに乗車しなければいけないのであれば、私は降車して時間が掛かってもまったり出来るタクシーに切り替えるだろう。

 

バンコクでは色々と不満はあるがなんだかなんだでタクシーが一番楽だと感じる移動手段


バンコクの路線バスは、確かに格安で移動するには最適な移動手段ではあるが、しかし、目的の場所へさえしっかりと指示ができて意思疎通が出来れば、ある程度は乗車中も一人でまったりと出来き、さらにはエアコンが効いているタクシー移動の方が楽なのかな?と思う時もある。

 

もちろん、タクシーの方が楽だと思うのはあくまで私が男性という事もあり、女性がタクシーで一人で乗車といった場合はまた別のトラブルの要因があるので一概にも言えないが、少なくとも私はそれなりの移動距離の場合は気を使わずに寝てたりとかしていたい性質の人間なので、バンコクの基本的な移動手段は乗車拒否が多かったりトラブルが多くてもどうしてもタクシーに偏ってしまう傾向にある。

 

バンコク市内でのタクシーのトラブルや乗り方等は下記を参照

タイ・バンコク市内でのタクシーの乗り方を初心者の人にも分かりやすく解説
タイ・バンコク市内では至所にタクシーが走っておりバンコク市内の移動手段としては 無くてはならない主要交通手段のひとつです。 タイ・バンコクのタクシーは一般的には日本と同じメーター制を導

 

ある程度バンコクでの生活に慣れてくると好奇心より快適さを求める傾向になってくる、安さも確かに大事ではあるのだが、我慢しなくていい所を我慢して過ごすよりも移動は日常的に行う事なので快適さを優先してしまうのが本音な所であるが、これもまた多種多様なので人それぞれである。

 

その他のバンコク市内の移動手段は下記リンクを参照

タイ・バンコクの一般的な交通手段について詳しく解説する
タイ・バンコクでは至所にタクシーが走っています タイでは観光産業が盛んな事から、タクシーがかなりの勢いで発達しております。 さらに、初乗り35Bと日本に比べると圧倒的に安く長距離で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA