タニヤのおにぎり亭は日本クオリティーのおにぎりがお手軽に食べれるコンテナ店

Pocket

日系レストランへ食事へ行かなくても、日本のおなじみの味が楽しめるお店がタニヤ通りのコンテナに存在しているのをご存知だろうか?

 

その日本のおなじみの味とは国民的食べ物『おにぎり』である。

 

おにぎりと言えば昔よくおばあちゃんがせっせここしらえてくれたものである。

 

今では日本のコンビニエンスストアに数多くラインナップが存在しており、日によって何を食べようかと迷うくらい数が多い日本では人気の商品であると言えよう。

 

そんな、日本人に親しみのあるおにぎりの味をこのタイ・バンコクで即席で味わえるお店がタニヤ通りにあるので今回ご紹介したいと思う。

 

img_3440

 

今回ご紹介するお店はタニヤ通り、BTSサラディーン駅に近い場所にあるおにぎり亭というコンテナ店である。ちなみにこのおにぎり亭の横には以前ご紹介した矢場とんが存在しているので一目で分かる事だろう。

 

【閉店】名古屋の味噌カツ矢場とんがタニヤのコンテナに出店!お手軽価格で食べられます
ここ最近タニヤのコンテナ新しくお店が入った名古屋の有名店、味噌カツで有名な矢場とんをご存知だろうか? 先日、仕事帰りにタニヤ通りを歩いていた所、そういえばトンローにも以前矢場とんが出店し

 

タニヤ通りにあるおにぎり亭の場所は下記googlemap参照

地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
ルートを検索

 

img_3432

 

タニヤ通りのおにぎり亭は基本的にはオーダー制となっている。食したいおにぎりをカウンターでオーダーする事によって、おにぎり亭の従業員が一個一個丹精込めて握ってくれるシステムだ。

 

おにぎり亭のおにぎりの種類は実に豊富であり、20種類以上は超えているラインナップであろう。

 

価格帯であるが一個50฿ (約168円)~100฿ (約336円)の価格での商品が揃っており、私は特に葉唐辛子や辛子高菜といった日本でも頻繁に食べていたこの具材が好きであり、タニヤ通りのおにぎり亭に行った時はかならずこの二品はオーダーするようにしているメニューである。

 

img_3434

 

サイドメニューというか、おにぎりには定番のたくあん等も別個で購入可能である。
もちろん、お味噌汁も購入する事が出来るので日本の味をトコトン楽しみたくなったらオーダーしてみるのも悪くないかもしれない。

 

というか、真面目な話朝食の時間帯にオープンしているのなら、平日は常食したいお店であると感じる。

 

img_3442

 

近年ではタイ・バンコクのセブンイレブンやファミリーマートでもおにぎりは販売を開始した事から気軽にどこでも買える環境が現在タイでは整っているのだが、しかし、肝心のラインナップに乏しくすぐ飽きてしまう。現在セブンイレブンに置いてあるおにぎりのラインナップはサーモンかとびっっこ、そしてツナだけである。

 

当たり前の事であるが、これらのおにぎりのラインナップはタイ人の趣向に合わせた品目であり、タイ人が如何にサーモン好きだという事が伺える事だろう。

 

価格帯はおにぎり亭にくらべて半額の金額であるがしかし・・・お値段が2倍してもおにぎり亭の日本クオリティーの味をふと食べたくなる時もあるので個人的におにぎり亭はタイ生活においては、非常に貴重なお店と言えよう。

 

ちなみに、ローソン108であれば、おにぎりのラインナップは数が多くもし近場にローソンが存在するならば一度覗いてみると良いだろう。

 

img_3438

 

というわけで、気軽におにぎりが食べれるお店として個人的には重宝しているこちらのタニヤのおにぎり亭。

 

立地的に日本人の夜遊び街ではあるものの、最後お土産としてほろ酔い気分で最後こちらのお店へ訪れてお土産におにぎり亭のおにぎりでも包んで帰ってはいかがだろうか?

 

・・・が、しかし、おにぎりが深夜しっかりと持ち帰る事の出来るお店はおにぎり亭くらいしかないので、どこで飲んでたのかはおそらくバレるであろうが、まぁ細かい事は気にしてもしょうがないのである。

 

そんな日本馴染みのおにぎり亭タニヤへ行く機会があれば是非とも一度足を運んでみて欲しい、そんなコンテナ店の一つだと感じのであった

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA