タニヤ通り・寿し築地のランチは一見の価値あり!297バーツでお寿司が食べられる店

Pocket

シーロムタニヤ近辺へよく通って居る方であれば、一度は目にした事あるだろう日経飲食店寿しの築地。

 

通常夜のメニューであれば寿しの築地は価格帯がそれなりにする為に足を運んだ事はあまりない店なのであるが、今回たまたまタイミングがあってお昼のランチの時間にタニヤ通りを通りかかる機会があり、ふとしたインスピレーションで『お昼にお寿司を食べるのも悪くないかな』と思い寿し築地へと入店したのでした。

 

寿し築地の場所は下記GoogleMapを参照

地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
Google Mapsルートを検索

 

img_3321

 

寿し築地の店内は広いスペースのお店ではないが、そこはかとなく上品に感じる造りとなっているお店であり、客層は日本人客がほとんどではないのか?と思われるかもしれないが、意外にな事に、スーツ姿に身を包んだタイ人、美人秘書的な風貌のタイ人OL、そしてビジネスマン風の西洋人等幅広い層の方達訪れているお店だと感じる事ができる。

 

もちろん、近隣で働いている日本人駐在の方達の姿も多くお昼のランチタイムには賑わいを見せているお店の一つであると感じる。

 

img_3318

 

そんな寿しの築地にお昼のランチタイムの時間に人が入る理由は一体なんなのだろうか?そう思い店内の着物を着ている店員に差し出されたメニューに目を向け記載されているランチメニュー確認してみると、『握り寿司定食』そして『海鮮ちらし定食』が297バーツで提供されているではないか。(ランチメニューは平日限定との事)

 

寿司セットメニューが300THB以内で食せるとは・・・・これはなんともお得感を感じる価格設定である。

 

もちろん、こういった定食メニュー以外でもお昼は単品でにぎり1貫でオーダーする事も可能である。

 

img_3319

 

 

にぎり1貫注文は非常に良いお値段がするだろう。生うに1貫400THBは是非ともまた夜の別の時間帯に訪れた時に食べてみたいものである。

 

他の握り寿司に関しても数あるバンコクのお寿司屋の中では1貫辺りの価格帯を考えると、割と良い値段の設定をしている印象をうける価格帯であり、激安路線で日本で展開しているチェーン店と比べるとバンコクの寿司のお値段の方がもしかしたら現状高いのかもしれない。

 

そんな一般メニューを眺めつつ、握りかちらしか迷った私はとりあえずまずは、海鮮ちらし定食をオーダーしてみる事にした結果、出てきた海鮮ちらしはこちらである。

 

img_3322

 

メインの海鮮ちらし非常に良い色合いで刺身が盛られており新鮮な刺身という事がわかる。

 

他にも海鮮ちらしだけではなくて、うどんや茶碗蒸し、お味噌汁、そして栄養バランスをしっかり考えれたサラダも合わせて付いて来て300THB以内の価格で食せるというのはコストパフォーマンス的にも非常にお得感が出るランチメニューなのではないだろうか。

 

img_3325

 

 

さらに食後はおまけのデザート迄出てくる至れりつくせりなランチメニューは海鮮ちらしの味もさる事ながら満足行くランチが堪能出来るだろうと感じる。

 

 

img_3320

 

もちろん、お寿司には欠かせないあつ〜いお茶も無料で何杯も飲めるのは非常にうれしい。

 

タイ・バンコクでの通常のレストラン等であれば、基本的に水やお茶といったメニューは料金が掛かる項目であるのでなかなか熱いお茶がメニューのセットに含まれているのは珍しい事だと感じる。

 

お昼からお寿司は少し豪勢な気分が味わえつつ、熱いお茶でまったりと過ごす。

 

しかしそういった安らかな気分がVAT込みの297THBで味わえるのは大変お得感があると感じるとともにもし平日のこの時間にタニヤ通りを通る事があるのであれば、次回は別のランチメニュー、握り寿司を食してみたいと思うのであった。

 

いずれにせよ、機会があればまた是非足を運んでみたいお店である。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA