AQUA23は20代の若者が集まるスクンビットソイ23にある深夜営業のバー

Pocket

ある程度年齢を重ねて来ると、やはり年齢相応のお店へと行く事の方が多く、なかなか今の20代の若者が行くような場所というのは足を運ぶ機会が年を重ねていくにつれて少ないのではないかと感じるこの頃ではあるが皆さんはどうであろうか?

 

私もタイへと移住を果たした当初20代だったわけだが、知り合った方達の誘いやらでよくトンローのクラブやRCA、そして付近のバー等頻繁に顔を出していたものであるが、30代も後半へと差し掛かろうとしている現在、今では割と冒険せずに行きつけのお店でまったりと何時間も過ごす傾向にある。

 

もちろん、新しいお店を見つける事に喜びを感じ、アフター5を楽しむこともあるが明らかに20代の時に比べたらアグレッシブさは失われていると感じざる得ない。

 

仕方ない事ではあるが、年は重ねたくないものである。

 

さて、そんな中今回人づての紹介で新規の20代の若者が集いそうな、深夜営業のバーを教えてもらったので今回ご紹介したいと思う。

 

img_3281

 

今回訪れたこちらのお店はAQUA23というお店でタイ・バンコクの地に数店舗お店を構えている深夜営業のバーであり、働いている店員の年齢層も日本人で20代の子が働いているなんともフレッシュさを感じる事が出来るお店である。

 

ちなみに今回こちらのAQUA23を教えてもらったのは以前FortuneClubの店長サム君と一緒に付近のスクンビットソイ33のCMCチキンマスターズへ飲みに行った時に、そこで働く20代のイケメン店員からの情報により、こちらのAQUA23を紹介してもらった。

 

スクンビットソイ33のチキンマスターズカフェ(CMC)は女子向けの夜のカフェバー
比較的に新しいお店で、以前から広告等で何度か目にしており気になっていたお店がスクンビットソイ33に存在している。 そのお店とは深夜1:00位迄営業しているカフェバー、チキンマスターズカフ

 

AQUA23の場所は下記googlemapを参照

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
Google Mapsルートを検索

 

このAQUA23はどうやらオープンしてまだ間もないお店ではあるがAQUAの他のお店はプロンポン付近のスクンビットソイ28、タニヤ通りにあり、スクンビットソイ28のAQUAに関してはタイへ移住当初の5年前に数度足を運んだ記憶がある。

 

AQUAの店内の雰囲気であるが、ビリヤードやダーツが出来る店として若者を中心として人気を呼んでいる印象のお店だ。

 

img_3286

 

AQUA23のドリンクメニューであるが140B〜の価格帯であり、がっつりとした完全なるバースタイルのお店である。価格帯的にはまぁ、通常のお値段ではないだろうか。

 

お店へは一人で訪れてまったりとした雰囲気で飲むというスタイルよりは、友達同士集まってジャンがゲームをしたり、ビリヤードをしたりと若者の社交場という印象の方が強いと感じ行くならやはり最低2人以上がベストのお店かなと感じる。

 

しかし、コミニュケーション能力に自信があり、若者の輪に馴染めるスキルがあるのであれば一人で行っても十分楽しめるお店なのではないだろうか。

 

以前紹介した深夜迄やっているお店で落ち着いたピアノの生演奏が聞けるシックな雰囲気のバー、もし若い風が肌に合わないという人であればこうした大人の雰囲気で一人でもまったりと飲めるバーを個人的にはお勧めしたいところである。

 

スクンビットソイ26のWAONはお洒落な雰囲気が漂う生演奏が聞けるスコッチ&バーのお店
スクンビットソイ26に一風変わった日本人夫妻が二人で切り盛りしているバーそして、そのバーではグランドピアノとギターの生演奏が聞けるお店をご存知だろうか? スクンビットソイ26の日本食料理

 

img_3288

 

今の20代の子達を眺めていると自分はその当時何を考えてただろうとふと思いふけることがある。自分より一回りも違う子達が日本から出てバンコクの地で働いているというのはなんとも、自分もそのぐらいの時期に海外というものを知り、もっと早く出ていればという衝動に駆られる。

 

しかし、そんな事を思ったところで過去には戻れないし、まして若返る事ができるわけでもないので、今をもっとしっかり生きなければいけないなぁと若者を見て感じるのであった。

 

正直な所頻繁にこのお店に足を運べるかどうかと言われれば、やはり傾向的にはフレッシュさとパワーを溢れているお店なので私個人としては一人で行く事は難しいのだが、若者とコミュニケーションを図ってみたいという人や現在20代でバンコクで働いている人達なら居心地が良いバーと感じる。

 

そんなお店なのかもしれない。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です