タイ式焼肉のムーガタをシーロム・スラウォン通りの店で食べ放題コースでがっつり食す

Pocket

ゆるくだらだと食せるメニューで大好きな食べ物がある。タイ式焼肉ムーガタというものを皆さんはご存知だろうか?タイへ何度も遊びに来ている方で夜遊びも含め夜を彷徨っている方には、もはや定番とも言えるこのムーガタは至る所でお手軽価格で食せて1日の締めの食べ物として食べている方たちも数多くいる事だろう。

 

私も、朝食や昼食に食べる事はないが夕食だったりお酒をがっつりと飲んだ後の締めの料理として食べる事はよくあるタイ料理と言えよう。

 

さて、そんなタイではお馴染みの定番な食べ物ムーガタだが今回はスラウォン通りにあるタイ料理レストラン多分名前は、クルア・タイ・タイというお店に機会でタイ式焼肉のムーガタを食す事となった。

 

スラウォン通りでタイ式焼肉ムーガタが食べられるクルア・タイの場所は下記googlemap参照

 

というわけで、早速ムーガタを食べるべくお店の外の席に腰掛けると店員からお店の料理メニューが配布される事だろう。

 

img_3253

 

が、ここで一つ注意をしておかなければいけない事がある。
ムーガタをこのお店で食べる前提であればこちらのメニューはガン無視するべきである。

 

基本的に店員がこのメニューを渡しているのは外国人のお客だけであり、一般のタイ人達がこのお店でこのメニューを開いてオーダーしている光景を正直お目にかかった事がない。

 

ムーガタ以外にも他のメニューは確かにあるのだが、はっきり言ってムーガタ以外のタイ料理に関してはお値段が外国人価格であり、ムーガタ食べ放題が一人160THBに対して一品300〜600THB平気でする価格帯となっている。

 

このメニューの表紙を見てるとわかると思うのだが、さりげにシーフードセットが2500THBと小さく書かれているのがお分かりだろうか?割と何も知らない外国人だと店員はこちらのメニューを進めてきたりするので安易に諾かないようにしよう。

 

では、どうやってオーダーしたら良いのか?いたってシンプルである。店員から提供された開いているメニューをそっと閉じて、周りでタイ人達がムーガタを食している人達の鍋を指せば伝わると思う。

 

img_3189

 

あとは食べ放題のセルフサービスなので豚肉や野菜を皿に次いでスタンバイしておけば、それを見た店員もムーガタの鍋の準備をしてくれる事だろう。

 

基本的にはビュッフェスタイルな食し方なので、自分の食べられる範囲内でまずはお皿に肉や野菜を持って席へと持ってくると良い。

 

img_3255

 

そうこう色々と肉や野菜を取り分けていれば、鍋が席に運ばれて準備が整っている事だろう。

 

img_3256

 

なかなか日本ではお目にかかれない形の鍋ともプレートとも形容しがたい形の物だが、頂点に乗ってる油を湯の入ってないプレートの部分に広げ、まずは焦げ付かないようにした準備を行う。

 

まんべんなく油をプレートに浸透したのを確認した後は、周りの湯に野菜を細切りにして落として行く

 

img_3258

 

そして、ある程度周りの野菜も良い感じに煮えてきた所で中央にがっつりと肉を投入し、焼いていくのが私のムーガタの食べ方だ。

 

もし、自分でやり方が分からないという事であれば、一度タイ人等と一緒に行って実際にその流れを見て勉強するのも良いかもしれない。

 

img_3261

 

肉を投入後はとにかくよく肉を焼く事が大事であり、ローカル食べ放題系のお店であれば中途半端な焼きで食べる事はオススメできず、本当にしっかりと焼く事を推奨したい。

 

こういったローカルのお店では置いている調味料はタイ人御用達の調味料(ソース)しかないので、もし日本のゆずぽんや醤油等で食べたいといった場合は、自身調味料を持参すると良いだろう。

 

店員に話を聞いてみた所、ここのお店に来る日本人の方々は割と自身で調味料を持参する人もいるとの事である。

 

img_3263

 

時間無制限の食べ放題でゆるくだらだらと食べるのであれば、色々な味を試してみるのももしかしたら一つのムーガタを楽しむ食べ方としてはアリなのかもしれないと感じる。

 

比較的にどこにでもあるタイ式焼肉ムーガタ、是非ともまだ体験した事ない人は一度味わってみると案外ハマる料理のひとつになるかもしれない。

 

最後に、こちらのお店オススメかどうかと聞かれれば、どちらかと言えば私は罠が仕掛けられている部類のお店だと感じるので行かれる際にはよくよく注意して行かれる事をオススメしたい。

 

 

というか、ムーガタ一択で良いと思われる・・・・がUP TO YOUである。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です