タニヤ通りの真ん中に出来た武蔵屋は深夜営業の日系居酒屋だった

Pocket

 

以前からタニヤ通りを歩いていて気になっていたお店があった、私の記憶が確かならば前はタニヤの夜遊び案内所的な場所だったと記憶している所に、どうやら新たにお店が出来るという事で業者が頻繁に出入りをしており日々工事を行っていたその場所が、最近新たに深夜迄営業している日系居酒屋としてオープンを果たしたようだ。

 

img_2902

 

そのお店の名前は武蔵屋という名前のお店であり、以前ご紹介した家系らーめんの内田屋の隣にお店を構えて現在営業をしている。

 

バンコクで家系ラーメンが食べたかったらシーロム・タニヤの内田屋がおすすめ
ふとした時にらーめんが食べたいとバンコクで生活をしていて思うことはないだろうか?別段日本のらーめんでなくても例えばタイでは有名なバーミーだったり、8番ラーメンだったりと数多くのタイのラーメンは存在して

 

オープン当初、私はてっきり勝手な想像でらーめん屋かな?と思っていたのだがバリバリな日系の居酒屋であり、タニヤ界隈では珍しく深夜3時迄営業しているお店という事らしくスラウォン通りにあるしゃかりき432に台頭するお店ではないのかと個人的には思っている。

 

楽しく飲むならスラウォン通りの居酒屋しゃかりき432でたこパが最強
以前ご紹介したことのある現在タイにてイケイケ展開を進めているしゃかりき432、最近はタイ以外にミャンマーにも進出するくらい拡大しているグループであり、タイ国内においては他にもラーメン店やお好み焼き&a

 

img_2893

 

店内は1Fと2Fのフロアが存在しているわけだが、今回訪れた2Fのフロアは掘りごたつ形式な卓があり、リラックスし、足を伸ばしながら酒を飲み食事も出来るお店だと思う。

 

2Fのフロアの最大の特徴として挙げられる事として、壁にふんだん飾り付けられた昔のアイドル達のレコード写真ではないだろうか。

 

私は昔のアイドル写真等見ても何も感じない部類の人種ではあったのだが、タイに来て趣向が変わったのか全盛期の松田聖子や井森美幸といったアイドル達の写真を見て、そこはかとなく悪くないと感じるようになってきたのは私が年を取った所為なのだろうか?

 

いずれにせよ、タイ・バンコクとは思えない程日本にいるかのような落ち着ける空間であると言える。

 

img_2880

 

ちなみに壁に特大スクリーンが設けられており、昔懐かしい歌謡曲が店内のBGMとして鳴り響いおり、当時を知っている人達にとっては青春のあの日々が思い出される事だろう。

 

そんな心もお腹も満足に膨れていったところ是非ともその後はタニヤの夜の街へと繰り出してもらいたいと感じる。

 

img_2883

 

さて、では早速料理を注文という事で居酒屋と言えばやはりなんとも言ってもまずは焼き鳥ではないだろうか。

 

お値段も20THBから100THBくらいの焼き鳥が揃っており、比較的にお手頃価格で焼き鳥が食べられると感じる事だろう。

 

img_2881

 

通常のお刺身メニューもこの通り、タニヤ界隈の刺身価格としては一般的な価格だと思われる。

 

そういえば、一風変わった可愛いメニューも武蔵屋は取り揃えていた。

 

img_2912

 

キャラクターものカレーライス。

 

なんとも先日友人と訪れたMBKのメイド喫茶めいどりーみんを彷彿させるようなこのキャラクターメニューであるが、タニヤの女の子やタイ人女性の子達を連れてきて注文するものならもしかしたら意外と喜ばれるメニューなのかもしれない。

 

バンコクMBK内のメイド喫茶・メイドリーミンの店員はクオリティが高すぎる
前回はサイアムパラゴンのゲーム・アニメ・漫画系イベントをご紹介したが、今回はその流れのままでそういえば、MBK(マーブンクロン)と呼ばれる庶民的なショッピングモール内に、メイド喫茶が存在してい

 

近年ポケモンGOも流行っている事からこちらのピカチューのカレーライスを導入したのかどうかは分からないが、ポケモンGOの影響であちこちでピカチューの水着やピカチューTシャツが販売されている光景をここバンコクで頻繁に目撃する事から、割と喜ばれるメニューではないのかなと個人的には感じている。

 

今回はこちらのキャラクターものの料理は注文しなかったが是非とも次回は試しに食してみたいものである。

 

img_2885

 

さて、というわけで、早速日系居酒屋という事で私の中では絶対に外せない納豆とたこわさび、お値段もお手頃な設定でありバンコクで120THBという価格帯でマグロ納豆を食べられるお店は珍しいのかなと感じる。

 

なんにせよ、貴重な1日の栄養源である事には間違いない。

 

img_2884

 

こちらは牛のタタキ、しょうゆにネギとすりおろされたみょうがをトッピングし、ニンニク・ネギ毎豪快に口に放り込めばなんとも言えない幸福感を感じるとともに本日のお酒も進む事間違いなしだろう。

 

img_2890

 

焼き鳥はこんがりと良い具合に焼かれた仕上がりであり、お味は言うまでもなく素直に美味と感じる味であり、是非ともビールを片手に熱々焼きたてな焼き鳥かっ喰らって頂きたいところである。

 

img_2887

 

若い時は見向きもしなかったこちらの銀杏。

 

これで日本の野球中継でも巨大スクリーンで中継されていれば紛れもなくそこはかとなく日本の居酒屋なわけだが、そういえば今年はもう何十年かぶりに広島カープが優勝を飾っているという事で既に中継は終わっている時期だろうか?

 

ちなみに、余談であるがタニヤ通りで流行っているのはサッカーであり、日本の野球は全くもってタイ人達は関心がないスポーツである。

 

img_2889

 

武蔵屋の店員もきっちりとサービスを行ってくれるようしっかりと教育されているようで、飲んでいて別段不満を感じる事はなく、たまに話にも付き合ってくれる事からちょっとしたタイ語を実践する場にもなるのかもしれない。

 

というわけでタニヤ通りのど真ん中にある新規店舗武蔵屋。

 

立地もタニヤの中心にお店を構えている事から、タニヤの夜に繰り出す前に武蔵屋で一息つきながらどこのお店に行くか?という作戦会議をするのも悪くないのかもしれない。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です