WineConnectionはタイでお手軽にワインが楽しめるイタリアンのお店

Pocket

ワインが飲めてイタリアン料理が食せるお店と聞いて感じる事は一体どういう事だろうか?

 

一般のレストランに比べてお値段が若干高め・格式がありドレスコードが必須な雰囲気が漂うお店・こ洒落た雰囲気の中ジェズ系のBGMがひしめいており店内で愛を語り合う場等、人によって様々な感じ方があると思うが、一環して思う事はある種のワンランク上なイメージのレストランであり、イタリアンは日常的に気軽に足を運ぶレストランではないという事だろうか。

 

しかし、ここタイ・バンコク内では周辺に数多くの多国籍レストランが日夜営業している都市でもあり、格式あるお店からカジュアルで気軽に足を運べるイタリアンレストランも数多く存在している事から、そういったグルメ巡りをする事も自分の人生の日常を彩る為のスパイスになる事だろう。

 

さて、そんな中今回はお手軽価格でワインが窘めて格式もカジュアル風な雰囲気のお店をご紹介したいと思う。

 

img_2762

 

今回ご紹介するお店はWine Connectionというお店で今回はスクンビットソイ26のKヴィレッジ内のお店に足を運んだわけだがWine Connectionはタイ全土に約50店舗構えているお店である。

 

バンコク市内で言うと約30店舗のお店が至る処に存在し、チェーン展開しているお店であり、タイにそれなりに滞在された事がある方なら一度は聞いた事があるか、もしくはお目にかかった事があるのではないだろうか。

 

Kヴィレッジ内Wine Connection Deli & Bistroの場所は下記googlemap参照

地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
Google Mapsルートを検索

 

今回は個人的に Wine Connection Deli & Bistroに訪れたのではなくて実は仕事の絡みで日本側の人たちとタイ側の日本人をご紹介する為にこの席を設けたわけだが、今回訪れたのが週末の花金であり、前日に予約を入れようと電話を入れた所、こちらの Wine Connection Deli & Bistroでは週末の予約はお店の方針なのか受け付けていないらしい。

 

なので、待ち合わせ30分前には一応お店には到着していたものの、店内を見回してみると6:00という時間帯である事から容易に席が確保する事が出来た。

 

しかし、週末の金曜日は数多くのタイ人及び外国人、旅行者の方達がこぞって押し寄せいつの間にか満席となってしまう事もあるので週末時にWine Connection Deli & Bistroへ訪れる際は時間に余裕を持って足を運んだ方が良いと思われる。

 

img_2759

 

さて、そんな Wine Connection Deli & Bistroの料理メニューであるが、料金的には200THB〜スタートからのイタリアン料理が楽しめる価格設定であり、値段的にはお手頃価格ではないだろうか。

 

img_2761

 

今回六人という人数である事から、 Wine Connection Deli & Bistroの店員にオススメのメニューを伺った所上記のPARTY PLATTERをお勧めされた。

 

そして、注文して出てきたPARTY PLATTERがこちら

 

img_2765

 

生ハム・サラミ・チーズ・野菜・パンとてんこ盛りに盛り付けられて登場したこちらのPARTY PLATTERは今回日本からタイに来てこういったイタリアン料理をタイの地で初めて食べる方にも好評をいただけたメニューであり、ボリュームの多さにも驚いていたようにも感じる。

 

もちろんこういった料理にはワインが合うのは言うまでもなく、合わせて食すると優雅な晩餐のひと時を味わえる事だろう。

 

img_2768

 

続いて出されたこちらの貝類は、ムール貝。

 

暑い温暖な気候のタイ・バンコクでは特に海鮮系の料理には細心の注意をはらって食さなければいけない事だが、タイ全土に50店舗のお店を構えているという事から、ある程度鮮度に関しては信頼して良いのではないかと思う。

 

もちろん、食した所のお味は言うまでもなく美味であった。

 

img_2769

 

他にもピザ等イタリアンピザをタイ風にアレンジした料理や、飲み物はワインも複数オーダー。

 

宴も盛り上がりを見せつつ、日本xタイでのビジネスの可能性を模索する方達の話をじっと伺っているのは楽しいものであり、願わくば、こういった機会が将来的に花開いてもらえればなと感じる。

 

ホテルの上層のレストランから眺めて食べるイタリアン料理も格別ながらこういったカジュアルに気軽に談笑しながら話し、みんなで食する場もなんとも言えない楽しさがあるものだと改めて痛感するのであった。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA