キッチン新潟はBTSプロンポン駅近にある家庭的日本料理が楽しめる大衆食堂

Pocket

バンコク・スクンビット通り、そしてBTSプロンポン駅に近くあり、20年もの歴史を持つ大衆食堂を皆さんはご存知だろうか?

 

ランチの時間そして、夕食の時間もBTSプロンポン近くという立地もあってか日夜日本人やタイ人達で賑わっている大衆食堂であり、スーツ姿の日本人の方達の姿を見る日も少なくない。

 

キッチン新潟の場所は下記GoogleMap参照

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
Google Mapsルートを検索

 

以前はスクンビットソイ22に住んでいた事から、仕事終わりBTSで帰宅途中プロンポン駅で降りて、そのまま足でキッチン新潟へ向かいよく定食を頼んだものだ。

 

img_2719

 

今回キッチン新潟へ訪れたのはランチの時間だったわけだが、周辺で働く日本人及び、現地のタイ人達によってほぼ満席となっているくらい埋まっていた。

 

周辺には他にローカルなタイ食堂や屋台飯といったものもありつつも、日本人のみならずタイ人達にも気軽に食せる価格設定であり、現在のタイ・バンコクではお昼にも日本食をタイ人が日常的に食せるくらいの経済成長になっているのではないかと個人的には感じる。

 

さて、そんな久々のキッチン新潟だが、久々にこのお店に訪れたならどうしても食べておかねばいけない定食、私の中では鉄板のメニューであり、いわゆるタイ人は食事を注文する際に困ったらガッパオライスという事が定説であるように、私は何を食べていいか迷った場合はハンバーグ定食が鉄板なメニューだと思っている。

 

というわけで、早速ハンバーグ定食をオーダーしてみたわけだが

 

img_2722

 

こちらがキッチン新潟のハンバーグ定食であり、焼きたてジュージューのハンバーグの音とタレの甘しょっぱい匂いが鼻に香り、なんとも食欲をそそる仕上がりとなっているではないか。

 

定食という事で、ハンバーグとご飯だけではなく、味噌汁、お新香と日本の食堂を思い返すようななんとも懐かしい雰囲気を味わえるお店だと感じる。

 

ハンバーグの肉厚は大変厚く、軽く箸を入れるとスッと肉が切れ込むくらいの固さであり、あつあつのハンバーグをご飯と一緒に口にほう張り、炎天下のタイの気候の中(キッチン新潟の室内はエアコン完備)汗を流しながらハンバーグ定食を食べるのも一興であり、午後の労働にも意欲が湧くものだと感じる。

 

もちろん味は言うまでもなくタレと肉がマッチした美味しいハンバーグである事は間違いない。

 

 

さて、果たしてタイ・バンコクに存在する日本食はまずいのか?

 

 

否、何十年も大衆日本食料理キッチン新潟という看板をバンコクで掲げてお店を運営している以上まずいわけがないし、どうしても日常的なタイ料理に飽きたら、こういったほっと息をつく為にも日本料理のお店というのは心安らぐオアシスなのである。

 

無理をして体に合わない(慣れない)タイ料理を毎日食べるのも良いと思う、ただ、その先長くタイでの暮らしを考えたいのであれば自分の健康は常に気をつけなければいけない事であり、ストレスなくタイ生活を行う為にはこういった料金もさほど高くない日本料理をたまには食し、心身ともに癒し事が大事なのではないだろうか。

 

住所 : 692 Sukhumvit Road, Klong-tan Klong-toey Bangkok.
営業時間 11:30~13:30 17:00~01:00(日祝~23:00 )
定休日 : 定休日なし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です