タイ・バンコク市内でのタクシーの乗り方を初心者の人にも分かりやすく解説

Pocket

タイ・バンコク市内では至所にタクシーが走っておりバンコク市内の移動手段としては
無くてはならない主要交通手段のひとつです。

 

タイ・バンコクのタクシーは一般的には日本と同じメーター制を導入しており
初乗り35THBで乗る事が出来き、日本に比べると圧倒的に安い価格での移動が可能です。

 

ここでは、タイ・バンコクのタクシーの乗り方について
初心者の方にも分かりやすくご紹介したいと思います。

 

タイ・バンコク市内を走るタクシーに乗客が乗っているかどうかの見分け方


まず、タクシーを止める時に道路を走っているタクシーが
人を乗せて走っているかどうかを見極める必要があります。

 

こちらはタクシーの正面に赤いランプが点灯している場合は空車ですので
乗客を募集しているよという認識で居てください。

 

タイ・バンコク市内を走るタクシーの止め方について


道路脇で足を止め進行中のタクシーの空きのランプを確認する事が出来たのであれば
手を自分の前に押し出してヒラヒラさせて、タクシーが必要な意思を
タクシーの運転手に伝えるようにしよう。

 

それに気づいたタクシーの運転手の人は乗客を乗せる意思がある人は
貴方の横にタクシーを付けてくれる筈です。

 

正し、タイ・バンコク市内では空車にも関わらず止めても止まらないタクシーが存在しています。
(もしくは空車だけど、金額交渉制でタクシーを乗っていて空車じゃない場合もあり)

 

こういったケースの場合は怒らないでこれが東南アジアのタクシー事情なのかと感じて
諦めましょう(笑

 

実際これはタクシードライバー次第ですので、どうにもなりません。

 

 

タイ・バンコク市内でのタクシーに目的地を伝える方法


タクシーが止まったら助手席・後部座席どちらでも構いませんのでドアを開けて
タクシー運転手に目的地の場所を告げるもしくは自分の行きたい所が書かれてる
ガイドブックやホテルの名刺を見せたりしましょう。

 

OKであれば、タクシードライバーは頷いて連れて行ってくれる筈です。

 

もし、英語やタイ語で行き先を伝えたい場合

 

英語『I want go to ○○』

タイ語『ヤーク・ジャ・パイ・○○・ダイ・マイ?』

 

と伝えれば良いかと思う。
今迄タイで生活をして来た印象ですが、タイ語で伝える事によってぼったくりや初歩的なトラブルは
回避出来る傾向にあるので、タクシー利用を考えている方は簡単なタイ語を覚えておくと
良いと思われる。

 

他にもタクシーに乗った際によく使うタイ語として

 

『ジョ・ティーニー・ナ・カップ』(ここで止まってください)
『リアオ・サイ・カップ』(左に曲がって)
『リアオ・クワー・カップ』(右に曲がって)
『トロンパイ・カップ』(まっすぐ進んで)

 

等と言った進行や止まる時に関するタイ語も併せて覚えておくと良いと思われます。

 

あとは、一般的にタイではタクシー乗車の際はタクシーメーターを使わないと行けない法律が
施行されているのですが、残念ながら中にはタイ旅行初心者の方には使わないで高めの金額を請求する
悪徳ドライバーの存在もあります。

 

ですので、乗車が決まった段階で、タクシーメーターを使ってくださいねと
英語もしくはタイ語で伝えるようにすると、後々のトラブルを避けられて良いと思います。

 

基本的にタイ・バンコク市内のタクシー運転手は英語が分かる方が6割程度と言った所でしょうか。
一般的には英語を理解するタクシードライバーの方はあまり見掛けませんが、
観光スポット周辺であれば比較的英語も通じるタクシードライバーの方はかなりの数存在するでしょうが、

英語が通じるタクシードライバーの場合はぼったくりタクシーと言ったトラブルになるケースもありますので
変だな感じたら乗車するのは控えた方が良いかなと思います。

 

スマートフォンの携帯アプリでタイ・バンコクのタクシーを拾う


近年ではスマートフォンの登場により、タイ・バンコク市内のタクシーを拾えるようなアプリも登場してきた
GrapTaxiというアプリなのだが、このアプリの特徴は携帯端末から今居る所と行きたい所を指定すれば
近隣を走っているタクシーにその通知が届き、もしタクシーの運転手が向かっても良いという判断であれば、
タクシー運転手から折り返し電話が掛かって来て、タクシーに乗車する事が出来る。

 

ただ、こちらのアプリもタイ旅行初心者の方には比較的には使うケースは少ないと思うが
タイ旅行をリピートで訪れている方にはこういったアプリがあるという事は覚えておいて損はないでしょう。

 

 

タイ・バンコクのタクシーに乗車した上でのよくあるトラブルについて


・日本円を見せてくれよというタクシードライバー

 

後部座席に乗っていればこういったケースはありませんが、助手席に座っていた場合で
こういった事を言われた場合は決して財布を開けてお金を見せては行けません。

 

タイのタクシードライバーは場合によっては拳銃を携帯しているケースもありますので、
無用なトラブルを避ける為に笑って誤摩化すか、持ってないと伝えるか
すぐ乗っているタクシーから降りるようにしましょう。

 

・メーターを使わないタクシードライバーから多額の金額を請求をされた

場合によってはタクシーメーターを使ってない事に気づかないで目的地へ到着した場合
近隣の場所のケースでも高額な金額を請求してくるタクシードライバーが存在しております。

 

こうした場合のトラブル回避方法ですが、もし自身のホテルに戻っている最中であれば
ホテルのドアマン等が交渉して適切な支払いにしてくれるケースがありますので
近隣の方に助けを求めると良いでしょう。

 

あとはそれ以前に、キチンとメーターが廻っているかどうかを乗車した段階で
しっかりとチェックするようにしましょう。

 

・バンコク市内の改造メータータクシーについて

 

タイ・バンコクではタクシーメーターを改造して早く金額が上がるように
設定されている違法なタクシーも存在しています。

 

が、なかなかタイ旅行初心者の方には気づきにくいのでなかなか指標みたいな物がだせないのですし
近距離の移動であれば、さほど気にしなくても良いかもしれない。

 

タイ・バンコク内でのタクシートラブルについてはこちらのサイトでもまとめてあります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です