青龍ラーメンはスクンビットソイ33に新しくできた九州豚骨のらーめん店

Pocket

バンコク・スクンビットソイ33は日本人が多く住んでいるBTSアソークとBTSプロンポンの中間にあるソイであり、周辺には様々なレストランやマッサージ店、バーにデパート等生活を日本人が生活を行う上で、非常に住みやすい施設が揃っている場所であり、仕事終わりの夜には数々の夜遊びスポット、そして飲食店が集まる通りがここスクンビットソイ33である。

 

比較的私はこちらのソイ33には縁があり、数々の飲食店や夜遊びスポットを仕事が終わった帰りに立ちより過ごす事が比較的に多いソイでもある。

 

そんなスクンビットソイ33に新しくできたラーメン店があるのをご存知だろうか?

 

青龍ラーメンの場所は下記GoogleMap参照

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
Google Mapsルートを検索

 

IMG_2597

 

お店の名前は青龍ラーメンという九州豚骨ベースのお店であり、新装開店という事で、店内の内装も青い昇り竜が飛び立つ綺麗なデザインのお店となっている。

 

今回訪れた時間帯は昼間の時間帯ではなく深夜の時間帯であるが、ぽつぽつと新規店舗ではあるが、周辺で夜遊びをしていた人達が程よい酔いの中締めの一品としてのらーめんを味わいに来ている雰囲気を伺える。

 

IMG_2587

 

さて、肝心のメニューであるが、お昼から青龍らーめんは営業している事から、ランチメニューもあり、焼き飯+唐揚げ、そしてラーメンのセットが200THB以内で食せるというのは中々程良い価格設定だと個人的には感じる。

 

IMG_2588

 

こちらはサイドメニューのミニご飯もの、酔った気分の中でラーメンと合わせて食べると良いと思われる。

 

この中のメニューであれば、私は高菜ご飯一択であろうか、しかし、そのあたりは個人の好みによる所もあるので、各々自身の気分に合わせて注文すると良いだろう。

 

IMG_2592

 

私が注文したこちらのラーメンは九州豚骨チャーシューメンである。

 

お味の程は柔らかいチャーシューと豚骨が良い具合にマッチしており、酒で疲れた身体を癒してくれる、そんな感じの豚骨らーめんに仕上がっていると個人的には感じた。

 

割とお酒を入れた後はこちらの九州豚骨チャーシューメンは2杯くらい食べられるんではないのか?

 

と、思ったのだがしかし、締めのラーメンとしてがっつりと欲張って食べると、自身の体重増加の原因になるとともに、腹八分目で抑えるぐらいがやはりちょうど良いのだろうと個人的には感じる。

 

ちなみに、今回ゲストとして、同スクンビットソイ33のカラオケクラブで働くFortuneClubの店長サム君とこちらの青龍らーめんに足を運ばせてもらったわけだが、締めのラーメンにも関わらず再びビールをオーダーして結局リスタートしているという永遠の酒飲み達の晩餐、だがそれでいい、我が生涯酒飲み人生に一片の悔いを残さず!すべからく酒をかっくらうのが日本男児ではないだろうか?

 

IMG_2591

 

ちなみに、サム君はタイ人なのでこの理論は私が勝手に思っている事なのであしからず。

 

私は九州豚骨のチャーシューメンを食したわけであるが、サム君は赤辛とんこつらーめんなるものをオーダーしていた。

 

さすがタイ人、やはり辛い系の食べ物の方が良いのだろう。

 

IMG_2590

 

通常のマイルドな豚骨ラーメンに比べて、こちらの眼下の赤い香辛料を一度ラーメンに混ぜれば、タイ人が非常に好む刺激的な味に早変わり、私も少しこちらの赤辛らーめんのスープを試食させていただいたのだが、マイルドの豚骨と比べて、はっきりとした刺激的な感覚が舌に染み込み、締めのラーメンではあるが、ビールがよく進む事請け合いである。

 

食後はこの時に居合わせた青龍ラーメンの店長さんと談笑、強面な方であるが、随所に日本男児を感じさせるオーラを醸し出しており、快く写真の承諾を頂いた。

 

IMG_2599

 

そして、なぜかFortuneClub店長サム君とツーショットを行う青龍ラーメン店長の姿は、なんともタイ人の人懐っこさと相まって、こういうタイ人達との付き合いがある上で、今の日本に対する親日の印象を持ってもらえているのではないかとなんとなく感じるのであった。

 

そんな、スクンビットソイ33の青龍らーめんはお昼のビジネスタイムの時間で訪れてもよし、そして、ほろ酔い気分で締めのラーメンを食べるのも良いだろう。

 

いずにれせよ、また足を運びたいと感じるお店だと思うのであった。

 

営業時間 : 11:00~03:00

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です