タニヤのある『道』はベテラン日本料理人よる本格創彩和食が食べられるお店

Pocket

実に色々な日本食が食べられるタニヤ通り、この場所に赴いて日本食に困る日々はないと常々感じる通りであり、バンコクに居ながら日本のクオリティの食事が味わえるので、タイ在住の方達にも夜遊びも合わせて欠かせない大変お世話になる通りである。

 

そんなタニヤ通りの一角に日本料理人による本格創彩和食が味わえるお店があるのをご存知だろうか?

 

場所は以前初回したサリカフェのオーナーが運営するお店新鮮(SHINSEN)そこの横の通りを入った所のさらに奥に本格創彩和食料理が絶品な『道』というお店が存在している。

 

IMG_2525

 

道の場所に関しては下記GoogleMapを参照

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
Google Mapsルートを検索

 

駐車場の手前のビルの1Fに道は存在しており、こちらのお店に足を運ぶ人達はやはりタニヤ近辺で働いている駐在員クラスの方達が接待等で利用していると感じる雰囲気がある。

 

その理由として、まず、道の内装はかなり和テイストで作られており、高級感と落ち着いた雰囲気を感じる事の出来る内装であるのが特徴だ。

 

IMG_2531

 

通常のスペースとは別に個室も完備しているお店なので、ビジネス的な話をしながら創彩和食を楽しみと良いであろう。

 

メニューに関してだが基本的に提供される料理は和食であるが、通常の和食とは違い日本料理人による特殊なアレンジが加えられているのが特徴であり、普段食べ親しんだ和食に絶妙に旨いアクセントが加えられているそういった料理が多いと個人的には感じる。

 

IMG_2528

 

価格に関しては決して安くはない設定をされているが、しかし、その価格に見合うクオリティーの創彩和食が提供されていると思って良いだろう。

 

そのあたりは是非とも実際に食してもらって各々判断してもらいたい。

 

IMG_2533

 

さて、というわけで、まず席に通されるお通しなわけだが、駆けつけ一杯の生ビールのおつまみとしては最適であると言えよう。

 

仕事の疲れをビールで打ち消し、軽いつまみに本日の仕事の報告をし合い頃合いを見た所でオーダーした品が次々に出てくるわけだが、まずはじめに出てきた料理はこちら

 

IMG_2535

 

こちら一見変哲もないただの豆腐にみえるだろうが、本創彩和食の真髄を随所に見る事が出来る。

 

そのテクニックとはこのただの豆腐に見えるが実は豆腐の中にチーズが盛り込まれている節があり、豆腐なのに食べていてもちもちとした不思議な食感を味わえるまさに創彩和食と言って良い料理であると思う。

 

豆腐の感覚を残しながらチーズとのこの運命的なコラボの料理は個人的にはおすすめの一品である。

 

IMG_2537

 

こちらはタン焼きであるが、程よく焼きあがったタンに醤油がかかった大根おろしとトマトと合わせて食べれば、タンの硬さも厚さも絶妙であると感じる事だろう。

 

IMG_2539

 

こちらはホタテのレモンサラダとなっているメニューであるが、ホタテの下に薄切りレモンが仕込まれており、一緒にペロリと口の中に放り込むとレモンの甘酸っぱさ・海の新鮮さと相まって程よいハーモニーが口の中に広がる料理と言えよう。

 

美味である。

 

IMG_2536

こちら、刺身の盛り合わせであるが、一番の大きな特徴として高級なマグロが味わえる事ではないだろうか。

 

口に中に一度放り込めば、噛む必要もなく口の中の温度で溶けていくさながらは高級食材と言えるであろう。

 

もちろんマグロ以外の刺身も粋の良い刺身の盛り合わせであり、随所にこだわりを見つける事が出来る刺身だと感じる。

 

IMG_2541

 

そして、こちら最後にタイミングを見計らって出てきた生茶そばであるが、食べやすいようにパスタ風にブロックごとに巻いてあり、わさび、ネギを出てきたつゆに付けてつるっと食せば日本に住んでいた記憶を呼び起こす事必須の料理と言えよう。

 

ちなみに、茶そばを食したのは実に18年ぶりというぐらい私の中では懐かしの料理であり、当時よく好きで昼飯に茶そばを食べていた記憶が思わずリフレインした。

 

 

そんな絶品の生茶そばであると感じた。

 

 

それにしても、本当にタイ・バンコクの日本食のレベルは高いと常々感じる、よくこう言った日本食を食べないで、タイ・バンコクにある日本食のレベルは低いだの日本での料理の方が格別に旨いだのいう人がいるようだが、こだわりある日本料理人シェフによる創彩和食である以上マズイわけがない。

 

 

そんな絶品創彩料理が楽しめるタニヤの道へふと思い立ったときにでも是非とも足を運んでもらいたい、そう思えるお店だと個人的には感じるのであった。

 

住所 :942/31 Charn Isara Tower B1F, Suriyawongse, Bangrak, Bangkok
電話番号 : 02-652-4220
営業時間 : 17:00~0:00 (Close Sunday )

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です