BTSアソーク駅直下のオープンバーは特大スクリーンでスポーツが見れるお店

Pocket

タイは一年中暑い気候の国であり、日本みたいな春・夏・秋・冬といった気候はなく暑いか、もしくは雨が降るかといった気候の国だと住んでいて常々感じる。

 

現在のタイの気候は雨期であるが、この気候は10月過ぎくらい迄続いた後のタイ・バンコクは大変過ごしやすい丁度良い感覚の気候となり、そういったシーズンにはビアガーデンも盛んになり、タイ人・外国人問わず外のオープンバー等で盛大に盛り上がっている場面が多々見られるだろう。

 

さて、今回ご紹介するお店は以前紹介した事のある今年にオープンした期間限定のオープンバー、BURST BNAGKOK(バースト・バンコク)へ再び足を運んで来たのでまたご紹介したいと思う。

 

IMG_2370

 

前回のバーストバンコクの記事は下記を参照

バンコク・BTSアソーク直下の期間限定バー・BURSTBANGKOK(バーストバンコク)
バンコクのスクンビット・アソークという立地はバンコクにおける中心街であり、 アソークの交差点は常に渋滞を強いられる地域として、 BTSの高架歩道を通っている時にいつも思う場所である

 

今年の2月初旬の頃にオープンしたアソークBTS直下という好立地も合わせて、オープン当初に比べてファランやタイ人、そして日本人も見かけるようなお店になってきていると感じる。

 

今回私の友人と三人で訪れたわけだが、席は7〜8割程埋まっている状況であり、ブラジルのリオ・オリンピックが開催されていた事からなのかどうかはわからないが、オープンバーでありながら、店内では隣のビルの壁にプロジェクタからスポーツ観戦できるように実況中継されるような設備に新たに新設されており、大画面でスポーツの臨場感を楽しめるような工夫が見られていた。

 

IMG_2369

 

大画面のスクリーンで観られるスポーツ観戦は野外の熱気と出される冷え冷えのお酒と相まって非常に居心地の良い空間になっていると言えよう。

 

もちろん、バー要素だけではないBURSTBANGKOK(バーストバンコク)はさらに店内できっちりと食事ができる事も魅力の一つであり、専属のシェフにより数々の料理もスポーツ観戦する上でお酒と合わせて重要なファクターだと個人的には感じる。

 

IMG_2371

ビールに合うピリッと辛いおつまみ的な料理のこちらはチェンマイソーセージ。

 

私は(BURSTBANGKOK)バーストバンコクへ訪れたらやはらチェンマイソーセージは欠かせない一品だと感じており、ピリッと辛い口の中にここぞとばかりにSINGHAビールを口に流し込めば外の気温の温度と体内温度がミックスし相まって何事にも代えがたい至福のひと時を味わえることだろう。

 

さらに、スポーツ観戦しているのであれば、応援しているチームが押している状況ならさらにPerfectな気分が味わえる事だろう。

 

IMG_2373

さて、こちらのメニューは薄生地の上に豪快に肉やチーズ、各種野菜が乗っかったミートラバーである。

 

現在BURSTBANGKOK(バーストバンコク)一押しのメニューであり、なんでもアメリカで今流行っている料理だとかなんとか・・・・?

 

通常のピザは私はよく食べるのだが、ミートラバーという食べ物は私の人生の中で初なので定かではないが、少なくともBURSTBANGKOK(バーストバンコク)のミートラバーの味に関しては美味いという事だけは言っておこう。

 

IMG_0350

 

他にも小洒落た入れ物から出される大きい貝を豪華にふんだんに使用した料理も絶品であると言えるので是非ともお店に訪れたら一度は食べて欲しいメニューの一つと言えよう。

 

IMG_0737

 

ちなみにお酒は通常のビール意外にも女性にも優しいカクテル系の飲み物もある事から夫婦でくるも良し、カップルで来るも良いと感じるお店であり、晴れていれば日が沈んだ後にオープンバーで飲むにはBTSアソークが劇近である事から最高であると言えるのではないだろうか?

 

そんなスポーツが観戦できるBURSTBANGKOK(バーストバンコク)アソークへ立ち寄りの際には一度足を出してみて欲しいそんなお店だと個人的には思うのであった。

 

ただ一点きになる事として、併設されているドーム状のクラブいつオープンするのか、個人的には気になる所なのだが、今のご時世色々と複雑な問題があるのだろう。

 

いずれにせよ、そちらのオープンも個人的には非常に楽しみな所なので、機会があればまた足を運んでみたいと思う。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA